今日でヒロ、7歳になりました。
受け入れるまでは長かったけど、受け入れてからは早かった。
あっという間に7年経っていた。
子供のことを何か悲しくなったり、思うことは特にない。
最近は、子育てのお陰でだいぶ人としてレベルアップできたと思うことが多くなった。


そして今日、約8年勤めた職場に辞めると伝えました。

10月から新しい上司になり、少し働きづらさを感じ、求人募集を検索したら、自宅の近くの病院のリハビリ助手の扶養範囲内の求人を見つけた。
10/28に応募。
11/7に見学。
11/15に面接。
11/16に合格通知。
11/17に退職を伝えた。
トントン拍子に決まっていった。
なんとなく運や縁を感じてしまう。

今の研究所の職場の8年間の流れを書いておこうと思う。
パソコン作業が好きだったので、職員証・鍵カード・通行証を作る受付事務だった。
図面をいじるのが好きだったので、暇な時に図面のソフトで遊んでいたら、図面をいじる仕事も増えた。
フルタイムを断った後、廃棄物の担当と仲の良いおじさんの下で図面をいじる仕事になった。
ゴミの分別や業者さんの大変さなどを学んだ。
新しい郵便室の立ち上げメンバーになった。
郵便物を出したことがあまりなかったので、郵便や宅配便について学ぶことができた。
パソコンを使わなくなった。
アナログな作業だったけど、パソコンばかりやっていたので新鮮だった。
初めて女の人を多く相手にする仕事だった。
女の人の多い職場の特徴を学ぶことができた。

マー君出産し、1歳8ヶ月の時に働き始めた。
働き始めて5日目でマー君が脳症になっても続けられた。
1回流産。
ヒロを妊娠、出産をし、育休を取らせてくれ、復帰させてくれた職場。
子供を産んでから不運続きで、精神的に不安定な時でも働き続けることのできた職場に感謝している。
受付事務ということで、色々な人と接することが多かった。
人対応が苦手だった私が、人対応ができるようになった。
色々な年代の人とも接することができた。
自己愛のような変な人もいて、私の努力ではどうにもならない人種の人がいることも知った。
魂を抜く技を習得した。どんなに変な人とも魂を抜けば話すことができるようになった。
大変なこともあったけど、色々な経験をし、人として成長できたと思う。

今の職場は子育ての大変なときの職場って感じで人として成長させてくれた。
なんとなく、次の職場はまた違う、人としてのレベルアップをさせてくれる予感がする。

今回の退職で人生の一区切りな感じがする。
自分に起こることすべてが必然だったのだと思う。
色々なことを学ぶことが楽しい。


スポンサーサイト
2017-11-17 23:35 | 小学1年 | COM(0) | TB(0) |
2009年4月から約8年働いている今の職場。
マー君が生まれて1歳8ヶ月くらいの時に働き始めた。
扶養範囲内という条件とパソコン作業ということで選んだ。

働き始めて5日目にマー君がロタウイルス脳症になって1か月入院した。
休みがちだったけど、上司や周りの人たちに恵まれ続けてこれた。

ヒロを妊娠して育休に入った。
ヒロがダウン症でショックだったけど、仕事に復帰して気分転換ができた。
ただ、自己愛がいて、大変な経験をした。

フルタイムで働いてほしいと言われて、ヒロがダウン症だと話していなかったから、それを理由に断った。
廃棄物の仕事と建物の図面の編集の仕事に変わった。
仲のいいおじさんたちと楽しく働くことができた。

新しい部署ができて、立ち上げメンバーとして郵便室で働くことになった。

今まで130万円の扶養範囲だったのが、2016年10月から500人以上の企業は扶養範囲内の基準が変わって、106万円になってしまった。
人数の少ない部署で時間を短くすることができず、ノリ君の会社からの手当てもなくなり、社会保険を自分で払うことになり、かなり収入が減ってしまった。

けど、休みやすいことが第1条件だったし、一緒に働く2人にも恵まれて、仕事をこなす量が多いけど、楽しく働けていた。

この間の人事異動で、転職を考えるようになった。
私の仕事の相棒のお母さんががん治療をしていたけど、今度はお父さんが脳こうそくになってしまって、本人もリウマチなので、かなり休むようになってきた。
私が休みずらくなってしまった。
上司が変わり、やりずらくなった。
こんなことがあって、収入が減っているのに大変になってしまったので、転職を考えるようになった。

マー君やヒロが病院や色々な方に助けてもらっていたので、何か病院や障害者に携わる仕事やボランティアをいつかしたいと思っていた。
人を助ける、何か手伝える仕事をしたいと思っていた。

何気なく求人を検索していたら、自宅から歩いて通える病院のリハビリ助手の求人を見つけた。
扶養範囲内対応もしてくれるとあったので、早速昨日見学をしてきた。
脳神経外科がメインらしく、脳こうそくなどの高齢の人が多いということだった。
5月にオープンしたばかりなのと、拡大中ということで、人が足りていないということだった。
リハビリ助手で働いている人がまだ一人もいないので、私が決まれば一人目らしい。
履歴書を渡して帰ってきた。

今の仕事をずっとおばあさんになるまで続けるつもりで働いてきた。
長年働いて楽に仕事ができている。
仕事もこなすことができているし、人付き合いもうまくいっているのに辞めようとしている自分が不思議です。
まだ少し迷っているけど、たぶん決まれば転職するだろうと思う。


いじめをしていた№2の子(R)の親が、直であって謝りたいというので、日曜日の午前中に約束していた。

前に書いた記事から
R 年子三兄弟の一番下。親は看護師で仕事が忙しく放任な感じ
  役員やってたけど一匹狼的なタイプで9人でやってて、8人はまだ付き合いあるけど、Rの親だけ連絡が取りづらくて繋がらなくなったとか
  祖父母と一緒に暮らしていて学童には祖母が迎えに来るとか
  なので門限は厳しくないから、なかなか帰らないらしい

来る前に電話があり、台風の中、父母子の3人で来た。
噂で聞いていたほど、見た感じ悪い印象はなく普通の親だった。
お母さんの電話の感じも、しっかりした印象だった。

Rは1学期に誰かからいじめられていたらしい。
そんな子がいじめをしていたと全く知らなくて、先生の訪問で初めて自分たちの子供がいじめをしていると知ったと。
自分がやられて嫌だったことを、大人しそうなマー君にやったことが、かなりショックだったのか、お父さんが私とマー君の前で思いっきり何回もパーで頭や肩あたりを叩いた。
お笑い芸人のカミナリ並みの音が何回も何回も・・・
けしてお父さんはガラの悪い人には見えなかった。
自分の子供がいじめをしたことが悔しかったんだと思う。

けど、私とマー君はお父さんの怒りが怖くて泣いた。
Rのお母さんも泣いていた。

怖いのと可哀想なのと、でもいじめはしたんだから、怒られるのは仕方がないと、複雑な思いだった。

私は
「1対1の喧嘩なら、なんとも思わなかったけど、3対1でトイレという密室で5か月という長さで、先生から注意された後はさらにひどくなるということを聞いて、まずいと思って、先生に相談しました」
「やったことはもうやってしまったのだから、もうこれだけお父さんに怒られたんだから、今後やらないでくれれば、うちはそれでいいです。もう大丈夫です」
と言った。

原稿用紙に謝りの文章とお菓子をもらった。
いじめられる子の親も大変だけど、親はちゃんとしているのに、子供がいじめをしてしまう親も大変だと思った。
№2がこの感じだったのに対し、主犯がどれだけ怒られたかもわからないし、私が直で怒れていないし、主犯とその親にもう少し反省してもらいたいと思ってしまう。


2017-10-30 11:58 | 発達障害のマー君のこと | COM(0) | TB(0) |
昨日はヒロの文化祭に行ってきた。
小学校の大きなイベントは初だった。
大きなカブのお遊戯を見てきた。
ヒロはねずみ役だった。
IMG_20171029_222939_convert_20171030080152.jpg 
親バカでかなり可愛かった♥

色々な障害の子がいて、頑張っている姿を見て、感動した。
そして、自分が障害者の世界の住人になったんだなとしみじみ思った。
悲観ではなく、意外と慣れてしまえば、そんなに怖い世界ではなかった。
私達家族はこの世界で楽しく生きていこうと前向きに考えられている自分の心の変化にも驚いた。
同じ仲間や、助けてくれる方々と、楽しく生きていこう、そう思える。

出産直後は障害者の世界なんて不幸な人の集まりだろうと、そんな世界には行きたくないなんて思ったことを思い出した。
ヒロを産んだ直後、不安でダウン症について調べまくっていた頃、ネットばかりしていた。
「オランダへようこそ」をダウン症の方のブログで見たことがあった。
落ち込みすぎていて、その頃は前向きには考えられなかった。

けど、今ならわかる。

一般的な世界、世の中の普通とは違うけど、少数派のこの世界でもいいと思える。
普通の人には知ることのできない、希少な経験ができている。そう思える。


2017-10-29 08:42 | 小学1年 | COM(0) | TB(0) |
担任の先生が、いじめをした3人の家に訪問し親に伝え注意をしてくれた。
それぞれの親から謝りの電話があった。
電話の感じだと、まともな親だったのかなと思う。
ただ、謝る方も謝られる方も面倒だなぁって感じだと思う。
私はいじめが収まってくれればそれでよかったから、謝られるのが結構面倒だった。
逆の立場なら謝るだろうから仕方ないんだけど。
電話のやり取りがね・・・

担任の先生が3箇所の訪問が終わった後(19時くらい)、うちに寄って報告してくれた。
いじめをした3人も、いじめをされたマー君も、幼いのか「いじめ」という自覚がないような感じだったねと話をした。
注意した直後は大丈夫だろうから、少し時間が経った頃が注意するときだろうねと話した。

とりあえず今回のいじめ問題はこれで終わりかな・・・

2017-10-28 16:02 | 発達障害のマー君のこと | COM(0) | TB(0) |
担任の先生から電話があった。

・マー君から何をされたのか聞いて、やられた内容を把握した
・3人にも誰が何をしたのか、誰が何を多くやったのか聞き取り、注意をした
・やった内容と、した時の気持ちなどを文章にして提出させる
・やったことは、からかいではなく、いじめだと教えた
・いじめた人の家にゲーム狙いで遊びに行くのはおかしいと教えた
・完全ないじめで悪質なので、親に報告と注意をする

ということだった。

まだ4年生ということで幼いのか、噓をつくことはなく、私がマー君から聞いていたことを、先生にも白状しているようだった。
注意された直後はおさまるだろうから、今後、忘れたころにやられるかもしれないから、何かされたらすぐに先生やママ・パパに報告するようにとマー君に伝えた。

これで、いじめがおさまってくれればと思う。



2017-10-26 11:22 | 発達障害のマー君のこと | COM(0) | TB(0) |
マー君が脳症から発達障害
ヒロがダウン症

色々精神的にきつかった。
精神的に不安定で泣いてばかりいた時に、強い親にならなくてはと強く思った。
実父母に助けられたので、実父母がいてくれる間に絶対に強くなると心の中で誓った。

障害児2人ということを受け入れた
精神的にきつい時に職場復帰し、自己愛からの理不尽な攻撃を交わす術を学んだ
PTA本部役員で学校の状況をある程度つかみ、校長や教頭、学校に顔を売ることができた

マー君にいじめが起こっても、戦える親になっていた。
いじめを聞いたときはショックだったけど泣くことはなかった。
怒りが起こり、マー君を守るという、強い気持ちから、すぐに行動できた。

まだ今回のことは解決していないけど、今後も色々なことが起こると思う。
マー君とヒロを守るためなら、なんでもやる覚悟がある。
モンペにならない程度に、もっと強い冷静な親になる。


2017-10-22 09:04 | 発達障害のマー君のこと | COM(3) | TB(0) |
今後どうするか書いておく。
まずは敵がどんな人達なのか情報収集をした。

仲のいいママ友たちにM・R・Hの情報を集めてもらった。

やっぱり元気すぎて、他の子にも乱暴をしたりしているらしい。
今までの経験上、いじめや変なことをする家は何かと家庭環境に問題がある子だった。
けど、この3人の親は普通な感じだった。

M 遅くにできた子で両親穏やかな人
R 年子三兄弟の一番下。親は看護師で仕事が忙しく放任な感じ
  役員やってたけど一匹狼的なタイプで9人でやってて、8人はまだ付き合いあるけど、Rの親だけ連絡が取りづらくて繋がらなくなったとか
  祖父母と一緒に暮らしていて学童には祖母が迎えに来るとか
  なので門限は厳しくないから、なかなか帰らないらしい
H 本部役員で私の前の人なのでどんな顔かはわかるけど、私的な話はしたことないのでどんな人かはわからない

今まで揉めた人は外国人の子供とかだったので、まともな喧嘩ができないと思って、先生に任せていた。
今回の3人組はある程度話ができる親だと思う。

先生がうまくやってくれて、いじめがなくなってくれれば、それでいい。
親に謝ってもらう気もない。ただ単純にいじめが終わってほしいだけ。
もし、おさまらなければ、親に状況を話して、いじめをやめてもらえるように子供に注意をしてほしいと伝える。
それでもダメなら頼りになるのかわからないけど、教育委員会に相談するしかないのかもしれない。


2017-10-21 23:55 | 発達障害のマー君のこと | COM(0) | TB(0) |
次の日、学校が午前中授業だった。
ゲーム狙いの奴らが絶対に来ると思った。
ムカついたから家に入れたくなかったけど、敵を観察するためには、まず家に上げてゲームをさせて、やり取りを観察したいと思った。どんな奴らなのか知りたかった。
ただ遊ばせるのは気に入らなかったので、今日は顔と名前を確認するために、家の中に入る前に名乗らせて、睨みを効かせてジロジロ観察してやろうと思っていた。

案の定、遊ぶ約束をしたとマー君から聞いた。
けど、主犯のMは予防接種で来なかった。
アホなRが一人でうちに来るらしい。
いじめっ子の2番手なんて一人じゃ絶対に弱いはず。
予定変更で、この2番手のRから話を聞こうと作戦変更にした。
攻撃するには確実にマー君をいじめたかの情報が欲しかった。
同じクラスの子で聞ける子がいたので、3人組が本当にマー君にいじめをしてたか確認をした。
確実にやられていると確信した。

約束通り、Rが来た。
見た目、悪な感じはしなく、意志が弱いから、強いやつに乗っかって悪いことをするタイプという感じだった。

私「名前は?」
Rが名前を言った。
私「R君ね。あのさ、マー君にイタズラしてるんだって?」
R「前はやっていたけど、今は仲良くしようと思ってる」
私「イタズラって何やったの?」
黙ってたので続けて、
私「つねったり、閉じ込めたり、水かけたりしてるんでしょ?」
 「これ、からかい?いじめだよね?どういうつもりでやってるの?」
 「よく、いじめたやつの家に遊びにこれるね!」
 「そんなやつにゲームなんかやらせるわけないでしょ!」
もう怒りが溢れ出てきて、私の攻撃が止まらなくなってきた。
 「もうやってないんだよね?今度やったら、校長、先生、Rの父母に注意してもらうからね」
 「マー君が怪我したら、私普通の親じゃないから、Rに同じことするからな!絶対にやるからね」
とりあえず、様子も見たかったから、言いたいこと言った後、じゃあ遊んでいいよと言った。
そしたら、帰ることなく、ゲームを無言でやりだす神経がびっくりした。
私だったら、怒られた後、怒った私がいる前でマー君とゲームするなんてありえないのに。
最近の子供ってこわすぎって思った。
我に返った後言い忘れたことがあったので、また威圧しにRに話しかけた。
私「自分の意志でやったの?誰かに指図されたの?」
R「H」
Mじゃなかったので、「嘘ついてもすぐバレるからね!」と言ってもう一回聞いたけど、Hから言われてやったと言った。

仕返しをされたら困るので、Rがいるところで学校に電話した。
「今、Rが一人でうちに遊びに来てます。私も我慢できなくて、きつく注意してしまいましたので、仕返しがあると思うので、3人組とマー君だけにならないようにしてください」とお願いした。
先生は私に任せてもらえますか?子どもたち集めて話します。というので、お願いしますと伝えた。



2017-10-21 23:31 | 発達障害のマー君のこと | COM(0) | TB(0) |
とうとうマー君に本格的ないじめが起こった。

マー君は発達障害だから話し方が少し変だし、少し変わった感じが親でも感じる。
いつか、いじめの対象になるだろうと思っていた。
今までも泣かされたり、意地悪されたり、学校でも学童でもあった。
でも、子どもたちが幼かったから本格的な陰湿なものはなかった。
先生にも助けてもらい、多少はあったけど、今まで特に心配するようなことは起こっていなかった。

うちに3人遊びに来た。
マー君は友達付き合いがうまくできないので、友だちが来ると、私がなんとなくチェックをしてしまう。
うちに遊びに来る友達は全員うちのゲーム狙いなのがわかる。
今までの子は陰湿な感じはしなかったし、来たとき帰るときの挨拶ができていたし、ちゃんと時間も守るし、親も声をかけてくれて「いつもすみません。」と言う感じだったので、ゲーム狙いでもなんとなく仕方ないなと思える子だった。

今回の3人組(M・R・H)は???な感じだった。
1・2分待ってと言ったのに、Rが勝手に家の中に入ってきた。
Mが「待ってって言ってるのに中にはいるなよ」と注意していた。
この時、Mはいい子だなと思った。
ゲームを普通に楽しそうにやっていた。
けど、ゲームをやらせてもらえていない子達なのか、順番を守らなかったり、マー君はいつでも家でできるんだからと、やらせてもらっていないみたいだった。
でも、今までもこういうことはあったので、特に気にしなかった。
17時のチャイムが鳴ったら帰ることになっているのになかなか帰らなかった。
Rの顔を見たかったので、じっと見ていたら、なんとなく嫌な感じの目のそらし方をした。
来たとき帰るときの挨拶がなく、感じが悪いなと思った。

3人が帰った後、マー君に3人とは仲いいの?と聞いた。
色々聞いているうちに、3人からからかわれていることがわかった。
・跡が残るくらいツネられる
・トイレに連れて行かれ閉じ込められたり、押されて倒されたり
・雨水を塵取にためて、肩からかけられたり
・マー君の物をゴミ箱に隠しておいて、こんなところにあったよとふざけたり
・3人組とマー君の4人で掃除当番で、トイレ掃除のときに掃除用具入れに閉じ込められたり
・嫌な便器掃除とかをマー君だけにやらせたり
こんな内容だった。
今回来ることになったいきさつを聞いたら、「マー君ちってゲームいっぱいあるんでしょ?もういたずらしないから遊びに行ってもいい?」と言われたらしい。
確実に自分たちがマー君にイタズラしていることを自覚しているんだとわかった。
そして、いい子っぽかったMが主犯、RがNo.2、Hがまだましということだった。

学校に直ぐに電話をした。
私 「うちの子、いじめられてます?」
先生「たしかにあります。見つけたことがあったので、何回か叱ったことがあります」

ということだったので、今回マー君から聞いたことを担任の先生に伝えた。
マー君が話すのが下手なのと、大げさなところがあるので、冷静な大人の目で見てもらって陰湿なのか注意してみてもらいたい。
先生から怒られた後、意地悪がひどくなるらしいので、まだ怒らないでと頼んだ。
つづく

2017-10-21 22:39 | 発達障害のマー君のこと | COM(0) | TB(0) |
プロフィール

OOちゃん

Author:OOちゃん
2010/11/17ダウン症の息子をもって自分の気持ちの変化を書きたくて、ブログ始めました。

出産直後は普通ではない子を産んでしまったと、かなり落ち込み、障害という未知の世界に不安を感じ、闇の中にいるようでした。
当時は元気になんかなれないと思っていました。

他人と比べない。
周りとうまくやるには、自分は世の中の「普通」ではない少数派なんだと自覚をする。
幸か不幸かは誰にどう思われようと自分の心次第。

上記を考えるようになって段々と心が回復し、3年後には障害のある子がいる生活が私の普通になりました。
心が鍛えられたせいか、ちょっとのことでは動じなくなり、落ち込まなくなりました。

今はとても楽しく生活しています。

カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブロとも一覧
最新コメント
ブロとも申請フォーム
リンク
検索フォーム
FC2カウンター