今年度からPTAの会計をやることになった。
集まりに行った時にこの間の転校生の話を聞いた。
生活保護らしく、茶髪か金髪の母親は昼間っからお酒を飲んでいるとか、家が汚くて臭いとか…。
町内会費も払えず、提出物も提出しなくて困っているらしい。
色々な地域を転々としているらしく、うちの近所に引っ越してきてしまったらしい。

人を殴っても謝りに来ないのも納得した。
マー君を殴ったRもムカつくけど、Rの原因は親の育て方のせいなんだと思うと、生まれてきた家の運が悪いRも可哀想だと思ってしまう。
だからといって人に危害を加える行為は許されるものではない。

世の中色々な事件などがあるけど、こういう親の子供が精神的におかしくなってしまって、犯罪など犯してしまうのかな。
生まれつきマー君みたいに変わっている子もいれば、普通だったのに変な親に育てられてしまっておかしくなってしまう子もいるのはわかっていたけど、実際に本当にいるんだなと思った。

この間、心配でノリ君が学校まで迎えに行ったら、お迎えに来ている近所の人が前より多くてビックリしたらしい。
近所の人達もRのことがあるので迎えに来ているみたいだった。
学校でもR対策で、下校の時にRに先生が1人ついてくれていた。

親としてそういう子から守りたいという気持ちはどこの家でも同じだから、皆で子供達を守っていきたいと思った。
Rは可哀想だけど、正直関わりたくないと思う。

自分の子がそうならないように子育てしていきたいと思った。


スポンサーサイト
2016-04-30 16:22 | 発達障害のマー君のこと | COM(2) | TB(0) |
子育ての「普通」は特にないと思っている。
その家庭や環境など、考え方とかこだわりとか、人それぞれだと思うから。
子育ての正解不正解はないと思うし。

この間の友人が来た時、友人との会話は楽しかった。

けど、4歳の子を見て、うちとは違う環境の子だなって思った。
基本的な部分はうちは大人しくて成長が遅い。うちはちょっと過保護気味。
友人の子は健康で元気で活発、3兄弟で逞しい。うちに比べると放任な感じ。

私がビックリしたのは、大人が会話に夢中なときにヒロ君にタブレットで遊ばせていた。
その子は親のスマホで遊んでいた。
しばらくするとヒロ君が遊んでいたタブレットを取り上げて遊んでいた。
とられちゃったなと思ってヒロ君に私のスマホを渡して遊ばせた。
すると今度はスマホを奪いとっていた。
で、親の隣で「どうやるの?!」って聞いてきて、タブレットやったりスマホやったりしているのに、友人は注意もせず普通にやらせていた。

私の感覚では他人のスマホで自分の子が勝手に遊んでいたら、設定や電話やメール/ラインなどが変になっても困るので、取り上げて自分のスマホで遊べと注意すると思うんだけど。
私が細かいのか?と思って取り上げられなかった。
ヒロ君にやらせてるから、その子だけダメとは言えなかった。

次に私のパソコンまでいじりだしたので、ヒロにもやらせていないから「それはやめて」と言えた。
けど、一向にやめる気配がなくいじり続けていた。
なのに注意はない。
しばらくしてやめたけど、少しどうなっているか気になったけど、すぐに確認すると感じ悪いと思って出来なかった。
帰った後パソコンをみたら、大したことはなかったけど、文字サイズが変わっていた。

ダイニングで集まっていたんだけど、隣に和室がある。
チョコビスケットの袋を持って、和室に行った。
食べ物をテーブルで食べろとやっぱり注意がない。
自宅でやっていたとしても、汚してしまったらと思うと他人の家だったら私だったら注意する。
そしてゴミは適当にその辺に置いてあった。

うちが買っていたお菓子を食べたいというので、開けてあげたら独り占めして、ヒロ君が好きなのだからであげてって言っても「やだ」。

そして、学習机がダイニングにあって、マー君の学校関係のものがあるんだけど、下敷きとか気づかないうちに、いじっていて折り曲がっていた。
wiiにオマケで付いていた妖怪ウォッチのメダルも買ったばかりで袋に入っていたのをとろうとしていたので、「お兄ちゃんのだからやめてね」って言っても、持って行ってしまい開けてしまっていた。

私達の目の前で刀のおもちゃでバンバンおもちゃを叩いていたけど、特に無し。

私が細かいのか?
その友人たちと集まると私がとても神経質っぽくなってしまう。
普通の子を育てたことがないから、私の子育てが変わっているから私が神経質なの?と思ってしまう。


2016-02-01 17:44 | 発達障害のマー君のこと | COM(0) | TB(0) |
この間、近所の同じ2年生のママ友からメールがあった。
「うちの子とマー君、転校生の3年生に殴られたみたいだけど、大丈夫?」って内容だった。

ノリ君が休みの日だった。
私が仕事から帰ると同級生2人とうちでゲームをして楽しそうに遊んでいたので、大したことはないなと思った。
けど、ほっぺと目がうっすら赤いなと違和感があった。

殴られたことを聞いてみると、横断歩道で転校生の3年生Rが1人でいて、マー君達(4人)が追いついたらしい。
そこでRに車が来ているのに道路にマー君とF君を突き飛ばしたらしい。
2人は「やめてよ」と言うと、RはF君を殴ろうとしたので、マー君が「殴るのはよくない」と止めたら、マー君に殴りかかってきて、ほっぺ・目・あごをグーで殴られたらしい。
去り際に「3年生だからってなめんなよ」と言って去ったらしい。
女の子たちは怖くて止めることが出来なかったと言って、大泣きしているマー君を家まで送ってくれた。
かなり怖かったらしく、その話を聞いた女の子の親からも心配メールがあった。

心配してくれた人たちから色々情報が入ってきた。
3学期から転校してきた3年で名前はR。
この名前も馬鹿親がつけそうなキラキラネーム。
この名前で少し相手がまともではないような気がした。

噂ではかなり乱暴で大変な子らしい。
転校してきて1ヶ月も経っていないのに乱暴で有名な子だった。
5年生の姉がいるらしい。
普通の時間に帰宅していたということは、学童には入っていない。
ってことは専業主婦かもしれないのに、お金を持ち歩いて買い食いをしているとか。
田舎なので近所にコンビニは1件しかないのもあるけど、3年生で買い食いをしている子はいない。

最初は連絡帳に書くかと思ったけど、段々ムカついてきて書くのも面倒だったので学校に電話をした。
先生に状況を伝えた。

次の日に当人を集めてRに謝ってもらったらしい。
連絡帳には「暴力というものはすぐに改善されるものではないですが、職員で指導していきます」とあった。
この文でも先生も大変な子で手こずっている感じがわかった。

その謝ってもらった日に、外で立ち話をしていたら、ノーヘルで自転車で「よう」と声をかけてきた子がいた。
誰だかわからず、「よう」と返した。
マー君が「ママ、昨日の子だよ」と教えてきた。
どんな奴か顔が見たかったから調度良かったけど、嫌なやつに普通に挨拶しちゃったよ(怒)
見た目は薄汚い感じだった。顔も乱暴しそうな顔だった。
親から謝りもない。

勘で関わらないほうが良さそうだと思った。
頭のおかしい親の可能性大なので、家を覚えられて何かされたら怖いし。
近所の人とも皆で子供を守ろうということになり、家にいる時は近くまで迎えに行くことにした。

マー君には車にひかれてたらRは犯罪者、急にキレて殴ったのは通り魔・変質者みたいなもんだから、変な人とは関わらない。
目を合わせない。
優しい言葉をかけてきても仲良くしない。
逃げろと教えた。

2016-01-31 00:51 | 発達障害のマー君のこと | COM(0) | TB(0) |
3年ぶりに友人に会うのに少し考えた。
友人の子たちも習い事で来ないらしいけど、雨だと来るかもしれないので、マー君は避難させることでとりあえず解決。

友人たちと話す内容に気をつけようと思っている。
前に経験したのが、人生観を熱く語って友人たちとのズレを感じた。
何も起こらないことがどれだけ幸せかみたいなことを話したんだけど。
そのことを相談した友人には「色々経験しすぎておばあちゃんみたいな話だからじゃない?」って言われたことがある。

まだ人生で大きい挫折を味わっていない人たちに熱く語っても???の顔をされる。
なので、軽い話は普通にしてもいいけど、深い話はしないようにする。
マー君やヒロ君のことも、ここまできた経過とかも話すつもりはない。

私を理解してくれている親友には熱く語っても大丈夫だった。
何か起こっている友人とは分かり合えた。
何も起こっていない人には様子をうかがいながら、自分のことはあまり話さないほうが無難に過ごせると思う。続きを読む
2016-01-31 00:09 | 発達障害のマー君のこと | COM(0) | TB(0) |
この間久しぶりに友人たちにラインをした。
来年度、小学校の会計監査という役員をやることになったので、それについて子育ての先輩である友人2人にどんなもんか聞いてみた。
そこから1/31(日)にうちで会うことになった。

ヒロ君が2歳の頃、まだ私の精神状態がよくない頃、この友人たちに誘われて集まりに参加しました。
とても嫌な思いをしました。
読み返したら思い出して少し涙が出た。

あれから3年が経ち、ヒロのことも慣れて、マー君は意外と小学校で普通に過ごせている。
もうあの頃のようにヒロのことで悩んではいないし、マー君も普通に近づいてきているし、友達ともうまくやれている。
私もだいぶ強くなったと思う。
だから大丈夫だと思うけど、あの嫌だったことを思い出すと友達には会いたいけど、子供同士の接触は避けたいって思ってしまった。
ノリ君が休みだから、外に連れ出してもらおうか考えてしまいます。

2016-01-29 13:42 | 発達障害のマー君のこと | COM(0) | TB(0) |
マー君の吃音が出始めて約4年。
ことばの教室の先生も吃音のことはわかっていたけど指導できる年齢ではなかったので、言葉については特に何もしていなかった。
うまく話せていないことを気にさせてもよくないので様子を見ていたけど、なかなか良くも悪くもならないので、よく「療育は早めに始めたほうが」なんて聞くし気になったので、ことばの教室の相談員の方に相談しました。
この相談員の方は頼れる感じで話しやすいので相談してみました。
小学生ではことばの教室が使えないので、他の機関で療育を受けるには診断書が必要ということで、早期療育相談室の方にマー君の状態を診てもらって紹介状を書いてもらってくださいということだった。

マー君の今までの状態を説明して、どこか療育が受けれるところを紹介してもらえると思っていたけど、ほわーんとした話で結局は私の判断だった。
こうした方がいい、ああした方がいい、マー君の吃音の具合はどの位などの話はない。
話をしていてわかったのは、自然に治る年齢は過ぎたみたいな言い方だった。
なのにマー君に療育が必要かどうか聞いてもわからない言い方だった。気になるなら行ってみては?みたいな。
コツを教えてもらえば少しは良くなるのかと聞いても、それに対しての答えはなく、本人が楽な方法が見つかるかも…みたいな。
私が白黒つけたい、曖昧な表現ができないタイプのせいもあるけど、ゴールのない着地点のない話が苦手です。

療育を受けられるところがあまりないみたいだった。
今のところ、隣町の小学校内にあることばの教室か、医療大。
もし療育を受けるとしたら、私から小学校に話をして隣町の小学校にお願いして授業を抜け出して通わせてもらうらしい。
医療大も平日だから授業を休むことになるみたいだし。
まだからかわれたりマー君が困ったりしているわけではないので、そこまでするほど悩んでいないから、行かないことにしました。
半年後にまた様子を見てもらって困っていたら、どこかに通うことになりそうです。

いつも思うことだけど、相談員はハッキリ言ってくれない。
ヒロ君の時の保健師を思い出した。
相談員に相談して手応えを感じたり、頼れたことがない。
親である自分がなんとかしないと経験していない他人にはわからないことだし親身には助けてはくれない。
色々な人がいるから「ここに行けば治りますよ」「ここで指導してもらえば良くなりますよ」と言えないのはわかる。
悩んでいるから相談しているのに、積極的な提案がない。
親の会の先輩や同じ境遇の人からしか、ためになる話が聞けない。
ヒロ君のダウン症なら仲間を見つけやすいけど、マー君の発達障害などは同じような人がいないから、誰も教えてくれない。グレーな微妙な障害って結構悩みが解決しづらい。

今日の相談員の方は定期的にヒロ君の保育所を回っているらしく、ヒロ君のことを知っていた。
ヒロ君の話なら積極的にしてくる。
私はヒロのことは悩んでいない。
今はマー君なのにと思ってしまった。

断定されている、わかりやすい、諦めのつく障害についてはものが言いやすいんだろうな。

仕事を調整し早退させてもらって、マー君もプールの授業を途中で早退して行った割に何も得るものがなかった。
2015-06-23 18:47 | 発達障害のマー君のこと | COM(2) | TB(0) |
体操教室を始めて9ヶ月経った。
少しずつだけど、身体の使い方ができるようになってきた。
最初はビックリするくらい動けなかった。
縄跳びをやったときも、全然できないし縄を回せなくて、できるようになるのか?って思った。
できるようになる感じが全然しなかった。
けど、先生が右手で縄を回す、左手で縄を回す、みたいに分解してコツを教えてくれた。
冬になる頃にはできるようになり、最近では後ろ跳びやあや跳びができるようになった。
鉄棒も、さかさまになるのが怖くて回れなかった。
それも、最近ではできるようになった。

先生の話をちゃんと聞き、素直に聞き入れ、努力する姿、真面目でかわいいと思う。
たまにはできなくてやる気のない態度をとるときもあるけど、確実に成長していると思う。
一緒に習っている子が痛くて泣いていると、気を使ったりもできている。
色々な面で困ることがなくなってきた。
今では心配事はどもりくらいになりました。この心配が大きいけど・・・

この間、友達の小1の子が太っていて運動ができないから、様子を見たいということで体験しに来た。
マー君と2人でいつもやっている感じでラジオ体操・跳び箱・マット運動をした。
が、太ってはいるけど健常な活発な子だったから、そこそこできるのかと思ったら、全然できなくてビックリした。
しかも、やりたくないという態度を出してて「まだやるの?」とか言ったり、ママに指で×をやって「やらない」って合図してて、先生や私にばれないようにやっているけど、隠しきれていないので感じが悪かった。
ダンベル等、危ないから触らないでと言っても聞き入れなかったり、色々と部屋にあるものに興味が移って気が散っていたり、やっている途中でママが気になって甘えるし、教室から出て行って廊下の壁を叩いたりしていたけど、友達はあまり注意していなかった。
ちょっと甘やかしてるなって感じがした。

今までマー君が普通ではない子だと思って子育てしていたし、今でもそう思って育てている。
何事に対しても気が抜けなかった。
褒めたり叱ったり、話をちゃんと聞いたり、ちょっとした態度や表情を観察している。
怒るときも理不尽な怒り方をすると大変なことになるので、怒った理由を説明したりしている。

マー君が3歳くらいのとき、この友達と食事に行ったことがあった。
マー君と目線を合わせて話を聞いて、わかりやすく話している私を見て、対応が丁寧だねって言われたことがある。
その時、内心「普通な子は丁寧な対応しなくてもいいよね。うちは普通じゃないからこうなんだよ。」って思った。
その友達はちょっとしたことで頭ごなしに怒っていた記憶がある。
子育てって、子供の性格や家庭環境で色々だと思う。
何が正解かはわからない。

けど、今回の友達の子を見て、1年前のマー君と比較しても、マー君のほうが普通に見えた。
学童にも大変そうな子がいるなって思うことがある。
その子の生まれ持った性格なのか、子育ての仕方なのかわからないけど、マー君でよかったと思う。
後日、体操の先生からも、色々な子を見ているけどマー君は大丈夫と言ってもらえて嬉しかった。

結局、その子はやらないみたいです
141130_104448_convert_20150522120224.jpg

2015-05-22 10:54 | 発達障害のマー君のこと | COM(2) | TB(0) |
最近ほんとに毎日のようにマー君が死ねやぶっ殺すなど、言われて帰ってきます。
言ってくる子は決まっていて、3人です。
ある程度はそういう悪い言葉を使いたい年頃だから仕方がないと思っているけど、1年生で死ねや殺すって…かなり引く。
マー君が使っていたらショックだし絶対にきつく注意して怒ると思います。
今日は学童の先生から「今日は●●君にぶっ殺すと言われたみたいで泣いていたので、注意しました。その子の親にも言っておきました」と。
その後「マー君は繊細だからね」と言われました。
ちょっと気になりました。
うちが繊細なの?
他の子は死ねや殺すと言われても気にしないの?
たしかにマー君は少し大袈裟なところがあるけど…。
うちが気にし過ぎなのかと思ってネットで調べたら、最近の子供はそういった言葉づかいをしているみたいで、結構載っていました。
よくないと言っている人が多くてホッとしましたが、そういう時代なのかなとも思いました。
マー君には変な子たちはそういう悪い言葉を使いたいお年頃だから言われても気にしないと言っていますが、言われ続けるようなら学校の先生にも相談しようと思います。

2015-02-13 18:14 | 発達障害のマー君のこと | COM(0) | TB(0) |
最近のマー君、学校生活は楽しく過ごせていますが、学童でよく泣かされてしまうみたいです。
活発な子が多いせいか「ばか・あほ・しね」とか、自分が座りたい席にマー君がいたら「10秒でどかないと、ぶっとばすぞ」とか言われるみたいです。
暴力で怪我をさせられたら、先生にすぐに対応してもらいますが、言葉の暴力ってどこまで見逃せばいいのか、悩みます。
マー君が普通の子なら軽く我慢とかやり返せとか言っていただけかもしれません。
普通の子から見たらやっぱりいじめの対象になりやすいしゃべり方をしていると思っているので、どうも見過ごせず、連絡帳に「ばか・あほ・しねと言われたらしいので、いじめられていないか心配です」と書いてしまいました。
「ばか・あほ」までは子供だしと思えるけど「しね」という言葉は今の時代は普通なのか?
うちが幼いから使わないだけなのか。
人付き合いもしていないので全く情報がなく困ります。
深い意味はなくばかやあほと同じ感じでしねを使っているのかもしれないけど、あまりいい感じはしないです。

2015-02-09 11:42 | 発達障害のマー君のこと | COM(2) | TB(0) |
この間、マー君の遠足があった。
行き先はポティロンの森だった。
前日に300円までのおやつとお弁当の材料を買い物をして、準備をした。

仕事中、どうかな?楽しんでるかな?と気になりましたが、そんなに嫌な予感はなかった。
ノリ君が夜勤明けで家にいたので、学童には行かせずに、一斉下校で帰ってきていた。
私も早くマー君の顔が見たいので急いで帰った。

玄関開けるとちょうど帰ってきたばかりだったのか、マー君が大泣きしていた。
理由を聞くと遠足自体は楽しく終われたらしい。
一斉下校のときにまたあの子にちょっかい出されたらしい。
帽子のゴムをピンっと引っ張られて顔に当たったということだった。
やられたときは泣かずにいて、帰ってきてパパの顔を見たら、ホッとしたのか悔しかったのか大泣きしてしまったということだった。
内容はあまりたいしたことではないなと思いましたが、せっかく遠足で何も問題なく楽しんできたのに、これかよ~って思いましたが、私は騒ぎ立てる気持ちは全くありませんでした。

が、マー君をかわいそうに思ったのかノリ君が珍しく「パパがもうやらないで」って言ってやる!と相手の父親の携帯(連絡網に載っている)に電話をした。
ノリ君は元々凄みはなく、優しい口調だし、嫌味とかも言うタイプではないので、そんなに大変なことにはならないと思っていたけど、一応、心配でやりとりを聞いていた。
思っていたとおり、穏やかに言いたいことを伝えていたのでホッとした。
「前から泣かされているのは知っていたけど、子供のことだからと何もしないでいたけど、最近は泣いて帰ってくることが続いたので、お父さんのほうから少し注意してもらえますか?」という感じだった。
相手の父親も怒ることはなかった。
けど、??思ったのは、相手の父親の対応が言われ慣れている感じがした。
普通こんな電話がかかってきたらビックリするとか自分の子供がそんなことするのかと疑う感じがあると思うけど、「あぁ~」という感じで、他の人からも電話をもらっているんじゃないかと思った。

このちょっかい出してくる子は4年生で前にグーでパンチされたとか、「気持ち悪い」とか言葉ので嫌がらせとかがあるのは知っていました。
近所の4年生の娘を持つ方と一緒にパトロールした時にその話をしたら「あ~あの子ねぇ。あの子はそういう子だよ。親もそんな感じ。今は少し前より良くなったみたいだよ。」と教えてもらっていた。

私は連絡帳で担任の先生に相手の親に電話をしたことを伝えた。
何かしてほしいというよりは、あったことを報告しておきますという感じにした。

次の日に担任の先生から電話があって、その4年生の子とお話したということだった。
普段のマー君の話になり、「マー君、すっごい頑張っていますよ」とか「みんなマー君のこと好きなんですよ」とか「癒されます」とか言ってもらった。
1番嬉しかったのが、「親がちゃんとマー君と接しているのがわかります」と言われたことは嬉しかった。

今後、またあるかもしれないけど、とりあえず、状況を親と先生に報告できたのは良かったと思う。
また泣くことが続くようなら、ノリ君が登下校ついていくと言っていた。
私は内容にもよるけど、ある程度は外の刺激などでもまれて強くなってほしいと思っています。
ノリ君のマー君への気持ちの強さに少しビックリしました。

2014-10-07 12:01 | 発達障害のマー君のこと | COM(2) | TB(0) |
今朝は立哨当番でした。
マー君たちの班は遅いので、最後でした。
やっとマー君の班が来たなと思ったら、班から離れて歩いていました。
顔を見ると泣いていました。
どうしたの?と聞いても、同じ班の子達は冷めた感じで何があったのかも誰もわかっていないみたいでした。
少しなだめるのに、班の子達には先に行ってもらいました。
理由を聞くと、班長さんの後ろにつこうとしたら、男の子に邪魔されたと泣いていました。
親の会の先輩が通りかかってくれたので事情を話したら、マー君を学校まで連れて行ってくれました。
先輩にはいつも色々助けてもらっていて、ありがたいです。

が、マー君の泣き顔が気になって、気持ちがモヤモヤして、泣きたくなりました。
気持ちを落ち着かせる為に色々考えた。
発達障害なんだから仕方がない。
保育所のときに比べたら良くなっている。
脳症になったんだから、ここまでこれただけでもすごいことなんだ。

家に帰ってヒロ君の顔を見たら泣いてしまいました。
この先、障害のあるこの子達はいじめにあうのかな。
どんないじめにあうのかな。
私はこの子達を守れるかな・・・もっと強くなって守らなきゃと考えました。

先輩から、すぐに泣き止んで教室に入るところまで見送ってくれたとメールをもらいました。
いつもは元気に副班長さんとお話しながら登校していると、普段の状況も教えてくれました。
マー君も今朝だけだと言っていたので、今朝だけのことだと少し安心しましたが、朝からテンションが下がり食欲もなく、職場に来ました。
少しは学校でもまれて強くなってほしいと思ってはいるけど、泣き顔が最後なので、早くマー君の顔が見たいです。

最近は特に何もなく平和に過ごせていたけど、久々に切なくなりました。

2014-09-22 11:10 | 発達障害のマー君のこと | COM(2) | TB(0) |
マー君の体操教室に行ってきた。

屈伸やしんきゃくがあまり上手にできていないことにビックリした。
今まで友達もいなく、外で遊ばせることもあまりしてこなかったけど、保育所ではやっていると思っていたので、できなささにビックリ。
マット運動と跳び箱をやった。
できないなりにもコツを教えてもらうと、マー君なりに改善して、少しずつうまくなってきた。
先生いわく、学校では人数が多いと、できる子しかみれないから、できない子は放置な感じになるって。
納得。
保育所でも色々とやってはくれていたけど、マー君ができなさすぎて、あまりみてもらえていないと思っていた。
仕方ないと思っていた。
今回習わせてみて、よかったって思えた。
じっくりみてもらえていることが嬉しかった。

自宅から車で5分。1時間。生徒2人。先生1人。
続けられそうな環境です。
身体を動かすこと、先生の助言に従ったり、自分なりに工夫をしてできるようになったり、途中痛くて泣いたりもしたけど、負けず嫌いがいいほうに出て、復活して頑張れたし、楽しそうにしているマー君を見ると嬉しくなった。

幼馴染が先生だけど、授業中はお互いに先生と生徒の親という関係を、徹底している。
友達にもマー君の性格などちゃんと見抜いてもらって「マー君を私に任せて」って言ってもらった。
安心して任せられると思った。

夜、私も2時間、習うことになった。
中3の娘と母の親子のクラスに入れてもらった。
この親子、感じが良くて、話しやすかった。
今日はエアロビとピラティスだった。
最初にエアロビで後半はピラティスだった。
元々スポーツ大好きだったので、久々の運動は楽しかったし嬉しかった。
気持ちのいい疲れと、運動したという満足感が懐かしかった。
日によってメンバーの健康状態に合わせて色々とやってくれるということなので、今後も楽しみです。
どれだけ効果が出たか見たいから、今のだらけた体系を写真とって、体重・体脂肪を計っておこう。

2014-09-08 15:06 | 発達障害のマー君のこと | COM(2) | TB(0) |
小学校入学して2ヶ月が経った。
授業参観・家庭訪問・運動会が既に終わった。
町内では立哨当番・下校パトロール、町内清掃などがあった。
毎日、宿題や次の日の準備をして、夜9時半に寝るようにすると、なんとなく毎日慌ただしい。

運動会は保育所に比べて校庭が大きいし、人数も多いので、じっくり見れる感じではなかった。
急に人数が増えた地区なので、学校の大きさの割に人数が多いので狭くて場所取りとかが大変だった。
マー君はダンスは踊れていたし、障害物競走は運良く2位になれたし、50m走はビリだったけど、泣くことなく、無事に終われた。
個人競技というよりも、紅組対白組って感じだったのがよかったのかも。
マー君は白組だったけど負けてしまいました。
ヒロ君は実家に預かってもらった。
お弁当は母に頼んで、昼食の時だけ来てもらった。
保育所の時よりものんびり過ごした運動会でした。

立哨当番はそんなに車の通りがないところなので、そんなに大変ではなかった。
時間も出勤前にできるので、今後の生活に特に支障はなさそう。

下校パトロールは自宅から学校まで早歩きで片道15分くらいある。
そこを3往復する。
職場を2時に早退させてもらって、3時に学校へ行き、3往復してきました。
5時過ぎまで掛かり、ヒロ君の保育所のお迎えがだいぶ遅くなってしまいました。
下校パトロールはなるべくノリ君にやってもらおうと思う。

町内清掃は4人で参加した。
近くの小さい公園のゴミ拾い・草むしりをした。
近所の人とおしゃべりしたり、楽しかった。
同じ町内に中学校の同級生がいて、ヒロ君の話をした。
いい人なので今後の付き合いが楽しみになった。

2014-06-06 20:20 | 発達障害のマー君のこと | COM(2) | TB(0) |
最近毎日忙しい。

保育所のときは朝8時に起きていた。
小学校になって7時半に家を出るので、6時半に起きるようになった。

保育所に送り届ける手間はなくなったけど、準備が大変になった。
・給食セット(箸・スプーン・ナフキン・口拭きタオル)
・学校の連絡帳
・学童の連絡帳
・ハンカチ・ちり紙・マスク
・水筒
まだ自分でちゃんとできないので時間割どおりに教科書やノートの準備も私がやっている。

夜寝るのも10時半だったのが9時半になった。

小学校生活が始まって、発達の遅いマー君はどうなるかと心配したけど、意外とやれている。
登校も歩いて15分から20分くらいのところを歩いていく。
体力がないので心配だったけど、お姉さん3人が面倒をみてくれて優しいらしく、登校できている。


先週は授業参観があった。

自分の名前を書いて、前へ出て自己紹介をした。
保育所でやっていたことだったので、マー君なのにできていた。
ハキハキしていない子、もじもじしている子、話すことができなくて泣いちゃった子がいた。
少し安心した。
保育所の子達は皆ちゃんとできていたから。
保育所の子達が色々とできていたんだとわかった。

教室での様子も意外と友達と仲良くやっているようだった。
お勉強はあまり心配がないけど、運動としゃべりと手の力がないから筆圧がないので薄い字なのが心配です。

授業参観後、懇談会、PTA総会に出席した。
懇談会では母親たちの自己紹介だった。
「うちの子は発達障害で言葉が遅く、心配しましたが授業参観を見て安心しました」と言った。
その後、他の母親たちも「大人しいから・・・」「活発だから・・・」と同じように心配だったといっていた。
発達障害でも普通の子でも親としたら心配なのは同じなんだなって思った。


先日は家庭訪問があった。
・ロタウイルス脳症になった経緯
・どもり
・手の力がないこと
・平衡感覚が悪くて運動が苦手
・友達にからかわれやすい
・少し大げさなところがある
と伝えた。

次の日に学童にお迎えに行くと、早速、泣きそうな顔をしていた。
「どうしたの?」と聞いても最初は「なんでもない」と我慢しているようだった。
その日の宿題が線を書く練習だった。
「マー君へたくそだから」と機嫌が悪くなった。
「何かあったの?」と聞くと「友達に字がへなへなで下手くそだと言われた」と泣いていた。
マー君が大げさなところもあるけど、一応、連絡帳に「友達にへなへなで字が下手くそだといわれたらしく宿題のときに泣いていました。大げさなところもありますがよろしくお願いします」と書いた。
「気をつけてみてみます」と返事があった。

学童でも2年生の子にどーんと押されて転んで少し泣いたと言っていた。

意外とうまくスタートがきれた小学校生活だったけど、油断はしないようにと思っていた。
やっぱりねぇって感じです。
でも、自分だって学生のときは色々とあったし、子供同士のやりとりだから、ある程度は揉まれて強くなってほしいと思います。


2014-04-24 14:26 | 発達障害のマー君のこと | COM(2) | TB(0) |
4/8(火)マー君の入学式でした。
もも組さんになったヒロ君と。
マー君にビシッとしてと言ったら、ヒロ君がやってました。
031_convert_20140409092415.jpg

最初パパとママと離れてクラスに入った時、不安そうな顔をしていました。
033_convert_20140409092522.jpg

入学式、写真撮影、教室で今後の説明などがあり、少しずつ慣れてきたみたいで笑顔が見れてホッとしました。
終わった後、校庭で学校からもらったランドセルと帽子をかぶって。
034_convert_20140409092551.jpg

一応パパとママと一緒に。
039_convert_20140409093021.jpg037_convert_20140409092945.jpg

入学式後は学童で顔合わせをして帰りました。
041_convert_20140409093104.jpg

今朝、初の登校班で登校していきました。
4年生と6年生くらいのお姉さん3人が同じ登校班です。
マー君をお願いして、見送っているときに、後ろ姿が頼りなくて小さくて「がんばれ!」って思ったら、ちょっとうるっときてしまいました。
11時半にはお迎えに行きます。
早く顔が見たいです。
2014-04-09 09:42 | 発達障害のマー君のこと | COM(2) | TB(0) |
修了式が終わっても、保育所に2回行った。
ノリ君が休みを取っていたので、3/27が最終日だった。

最後の日、保育所にお迎えに行ったとき、本当にこの保育所・先生とも終わりなんだと思った。
やっぱり寂しかった。

他の人たちは下の子が同じ保育所に通っているので、まだ繋がっているけど、うちはヒロ君は違う保育所だから、完全にマー君の保育所とは縁がなくなる。

家に帰ってからも、マー君の保育所のこと、過去を振り返ろうとしたけど、真剣に集中して振り返ろうとするとめまいがした。
お風呂の中でも考えようとしたら目が回ってきた。

ヒロ君を生んでから、過去を深く考えようとすると、めまいや吐き気がするようになったみたいです。
毎回書きますが、色々考えすぎて脳が疲れて、考えないようにしているみたいです。
うつ病にならないように防御しているように感じます。

まぁ、この機能のお陰で落ち込まなくなったから「ま、いっか」って思います。

2014-04-07 12:15 | 発達障害のマー君のこと | COM(2) | TB(0) |
3/22にマー君の修了式があった。
最初は特に何の感情もなく、何の思いもなく淡々と参加していた。
特に過去を思いふけることもなかった。

イベントでいつも思うことだけど、他の父兄は張りきっているように見える。

父兄の仕切ってくれている方から、担任と副担任に贈り物をする予定で、前もって子供に手紙を書かせてくださいと、依頼されていた。
その贈り物がお手紙アルバムみたいになっていて、作成したものがどんなものになったか見せるために回覧していた。

うちはマー君に文章も自分で考えさせて書かせました。
「いままで、ときにはやさしく、ときにはきびしく、おしえてくれてありがとう、なまえ」というような文章だけを書いて提出していた。

他の子のを見ると6年間の成長の写真を貼っていたり、デコってあったり、親からのお手紙が書いてあったり、凝っていて、マー君のと差がありすぎてビックリした。
書かせたときは特に冷めていたという感覚はなかったけど、他の親の熱量がうちよりもかなりすごいのにビックリした。
他の親と話をしていないせいもあって、傾向がわかっていなかったのもあるけど・・・、差がありすぎ。
ノリ君と差がありすぎて笑ってしまった。
「うちはうちだからね」とそういうことも全く気にならないようになっていた。

修了式が始まった。
皆で歌を唄った後、名前を呼ばれると「はい」といって前に出て、修了証書を受け取る前に、マイクで「将来の夢は●●です」といって園長先生から証書もらって、ステージを下りたところに親が待っていて、親がマイクでコメントをするとう感じでした。下手なことをしゃべると泣くかもと思い、ノリ君にやってもらった。

周りの子の影響か、意外にも「将来の夢はスノーボードの選手になって金メダルを取ることです」と言っていた。
オリンピックを全く見ていなかったのに、思いもしなかったスノーボードというワードにビックリして笑った。
しかも家では大きくなったら「もぐらになって、宝箱を探して、パパとママをお金持ちにする」と言っていたので、そっちのほうが子供らしくてよかったのにとも思った。

次に今までの生活のスライドを流した。
1歳から6歳までの皆の様子を見れた。懐かしかった。

脳症の頃のマー君の写真を見たときに、少しうるっときた。
大きいイベントはほとんど参加できていないので、あとは心に響くものはなかった。
ただ、お泊り保育のカレーを作っている写真をアップで写されていて、嫌な写真使うんじゃないよと思った。

スライドを見終わって、色々考えた。

よくここまで成長できたな。よくここまでこれたな。

歩いて・しゃべること。
皆には普通の成長だろうけど、うちにとってはどっちも普通ではなかった。
歩いて・しゃべれることはすごいことだと、皆は知らないんだろうな。

保育所に入れたときは1歳8ヶ月のとき。
入所後5日目にロタウイルス脳症。
3週間の入院。
初めての運動会で、競技ではなく、入場で歩いている姿を見て泣いた。
保育参観などのイベント、最初は楽しみで張り切っていた。
けど、皆と同じように何もできないマー君に愕然として何回も泣いた。
イベントのたびに憂鬱になった。
脳症のせいなのか自閉症なのか、普通なのか障碍者なのか悩んだ。
お迎えに行くたびに他の子はいいなって思っていた。
しゃべれないのにこだわりの強いマー君にイライラした。
そんな中、ヒロ君が生まれて、どん底に落ちた。
もう色々な事がどうでもいいと思った。
出産なんかしなきゃよかったって思った。
けど、その頃からマー君が話し始めた。このことが少しだけ光に感じた。
マー君が遅いなりにも成長できて、普通に近づいてきた。
色々ともがき悩んで、吹っ切れて、今は前向きに生活を送れるようになった。

5年間通った保育所。
私には辛い記憶のほうが多い。
けど、無事に終われたこと、少し前向きになれたこと、よかったって思う。

小学校生活はもう少し楽しめるといいな。
2014-04-07 12:04 | 発達障害のマー君のこと | COM(2) | TB(0) |
2月にお別れ遠足があった。
けど、マー君がインフルエンザ中だったみたいで、終わっていることに、この間気がついた。
楽しみにしていたので、ちょっとショックだった。
インフルエンザ中だったから、仕方のないことなんだけど。

マー君の成長が遅くてイベントに楽しみをもてなかったのもあって、ちゃんとスケジュールを確認する習慣がない。
ことばの教室や病気などであまりイベントには参加できなかった。
年長になってしゃべれるようになってやっと楽しみになったイベントも病気などで行けなかったり途中で帰されたり縁がなかった。
今の保育所の先生や環境には何の問題もないけど、あまり縁はなかったんだと思う。

保育所のイベントに対して、マー君が脳症にならなければ、もう少し張り切った気持ちをもてたのかもしれないけど、もともと冷めた性格がさらに冷めさめになってしまった。

今月、修了式がある。
謝恩会があるらしいけど、特に理由はないけど、不参加にした。
単純に気がのらないだけです。

父兄の方たちも嫌な人はいないけど、兄弟の話や習い事の話等、立ち話をしていたけど、マー君の成長のこと、ヒロ君のことでなんとなく話には入れず深い仲にはなれなかった。

今の保育所の年長クラスには27人いる。
そのうち1人だけ同じ小学校に行く。
その子のお兄ちゃんは自閉症です。
なのでその子のママにはヒロ君がダウン症だと言ってあります。
何か縁があるのかななんて思いました。

保育所での交友関係は特に何もなかったけど、今後のつながりに何の問題もないので、新たに小学校で友達ができたらいいなって思います。


2014-03-03 18:03 | 発達障害のマー君のこと | COM(2) | TB(0) |
最近、小学校入学に向けて色々と準備が始まった。
先日も小学校の入学前説明会に行った。
ジャージ・体操着・お道具等、購入した。
小学校指定の引き落とし用の口座も作った。
学童にも入れる予定なので、申込書や書類等の記入、お道具等への名前の記入など、色々と準備があります。
体操着などにも名札を縫いつけた。
嫌いな作業ではないけど、地味で面倒だった。
自分の小さい時も母がやってくれたと思うと、大変なことを色々とやってくれてたんだなって思う。
でも、マー君のことを思って、小学校で困らないように準備してあげたいという思いで、全然やれた。

今住んでいるところが開発中の土地だった為、引っ越した時には自治会がどこなのかわからず入っていなかった。
新興住宅地のせいか生徒数が増えているらしく、今までは2クラスしかなかった小学校なのに、マー君の学年は3クラスになるらしい。

今回の小学校入学で登校班に入れてもらうのに、自治会に入った。
今まで近所づきあいを全くしていないので、どんな人が近所に住んでいるのか全く知らない。
送り迎え当番など決めたりとこれから地域とのつながりが出てくるんだなと思った。

同じ班に新一年生になる子がマー君を含め、4人いた。
男の子2人、女の子2人だった。
もっと大勢の班があったけど、大勢だと私が意欲的に人としゃべるタイプではないので、孤立する可能性があったし、マー君も大勢だとうまくいかなさそうだったので、小さい班を選んだ。
その為、送り迎えの当番の回数は増えてしまうけど、安心してマー君を小学校に送り出すためには仕方がない。
今の職場なら、融通がきくので、なんとかなりそう。

マー君の保育所入所前の準備の時はなんとなく気持ちがモヤモヤしていた。
なんとなくうまくいかないような予感がしていた。
その予感が当たってロタウイルス脳症になった。
5年通った保育所生活も、成長が遅くて心配し過ぎて前半は全く楽しくなかった。

今回も準備はしているけど、なんの胸騒ぎもしない。
親として貫禄が出てきたからなのか、色々なことを経験しすぎて肝が据わったのか、なるようにしかならないって思っている。
小学校生活、不安もあるけど、なんとなく大丈夫な気がする。

2014-02-01 22:39 | 発達障害のマー君のこと | COM(2) | TB(0) |
11/30、マー君の保育参観がありました。
最初は運動で、その後はお店屋さんごっこをするという内容でした。

運動はマイペースだけど、マー君なりに頑張っていました。
混みこみしたところはさけて、外周気味に走っていました。
私もノリ君も冷めているので、同じように人混みをさけるタイプなので、遺伝かなって笑えました。
011_convert_20131224172743.jpg

お店屋さんごっこは、マー君のクラスはラーメン屋さんでした。
お店屋さんごっこには嫌な思い出があって、年少の時にこのお店屋さんごっこをしたことがありました。
年少の時はしゃべれなかったし、こだわりもあったし、癇癪もあったし、しゃべれないから人とのやり取りもできなかったから、何もできませんでした。
今回はちゃんとお客さんに注文を聞いて、言われたラーメン(味噌・醤油・塩)をよそってあげるということができていました。
普通の子なら普通にできることだと思うけど、うちにとってはこれができたことがとてもすごいことで、私は嬉しくて涙が出ました。
他の子は調子に乗ったりしてあまりラーメンをよそっていなくて、地道に真面目に1番やっていたのはマー君でした。
年少の時に比べて、かなり成長していて、嬉しかった。
027_convert_20131224173550.jpg

最後は松ぼっくりの釣りをやりました。
他の子はなかなか釣れなくて、手を使っていましたが、マー君は真面目なのか、ちゃんと手を使わずに釣っていました。
この真面目さが可愛いと思ったけど、大人になった時、真面目すぎて損をしなきゃいいなって思いました。
032_convert_20131224173803.jpg

マー君の作品集です。
右の絵はリュックです。
この絵を園長先生がとても褒めてくれました。
趣味で絵をやっているらしく「私がすごいと思った子はだいたい小学校でも賞をとっている」と言ってもらえました。
遠目では上手には見えませんが、よーくみるとカバンの縫い目やキーホルダーの形など、とても細かく書いています。
園長先生曰く、絵を描く技術ではなく、目の付けどころ観察力がすごいということでした。
家ではお絵かきはしないので、意外なところを褒められてビックリしましたが、私は学生時代は賞をもらうのが当たり前なくらいで、絵画は大好きでした。
写生大会も他人とは違うものを描いたりしていました。
ちょっと褒めてもらえたので、私の遺伝かな?なんて思いました。
マー君は手の力がないので筆圧が弱いです。
今後、この褒めてもらえた才能を伸ばせるように育てていけたらいいなって思いました。
017_convert_20131224172816.jpg 018_convert_20131224172833.jpg 020_convert_20131224172849.jpg

2013-12-24 18:05 | 発達障害のマー君のこと | COM(2) | TB(0) |
プロフィール

OOちゃん

Author:OOちゃん
2010/11/17ダウン症の息子をもって自分の気持ちの変化を書きたくて、ブログ始めました。

出産直後は普通ではない子を産んでしまったと、かなり落ち込み、障害という未知の世界に不安を感じ、闇の中にいるようでした。
当時は元気になんかなれないと思っていました。

他人と比べない。
周りとうまくやるには、自分は世の中の「普通」ではない少数派なんだと自覚をする。
幸か不幸かは誰にどう思われようと自分の心次第。

上記を考えるようになって段々と心が回復し、3年後には障害のある子がいる生活が私の普通になりました。
心が鍛えられたせいか、ちょっとのことでは動じなくなり、落ち込まなくなりました。

今はとても楽しく生活しています。

カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブロとも一覧
最新コメント
ブロとも申請フォーム
リンク
検索フォーム
FC2カウンター