去年の今頃は妊娠が発覚してウキウキでした。
とても懐かしく思います。
ヒロ君の前に流産していたので、ウキウキの中にも無事でいてほしいと毎回ドキドキしながら検診に行っていたことを思い出します。
ほんとに人生って何が起こるかわからないんだなと思います。
ヒロ君の出産でこういうことをよく考えるようになりました。
あと今回の地震でさらに考えるようになりました。

親の会で知り合った人がとても近所で、障害者のダンス教室に通っていて新聞に載ったと教えてくれました。
たくさんの子供が載っていました。
とても励みになりました。

前向きになるためにこんな考え方をします。
やっぱり普通の子育てでは知り合えない出会いがある。
普通の子育てではできない経験ができる。
人間として深みが出るんじゃないか。
経験してる人とそうでない人ではコメントに差が出ると思うから弱い人の相談にのれる。
スポンサーサイト
2011-04-15 10:50 | 4カ月 | COM(0) | TB(0) |
ポリオに行ってきました。
マー君の時は飲ませた後、すぐ帰ってしまったのですが、ヒロ君は何かあるかもと思ってしまい、
ちゃんと10分は待合室で様子を見て帰りました。

ばったり高校の時の友達と会いました。
その子の子供を見て、やっぱり「普通の子を産めていいな」という気持ちはありました。
待合室で色々な子をみて他にダウン症っぽい子はいないかなと探したり。
毎日普通に生活できていても、家の外に出ると、どこかで普通の子への憧れはあるみたいです。

地震でまた水の出が悪くなっています。
2011-04-11 20:10 | 4カ月 | COM(0) | TB(0) |
昨日の検診で待っている時に、1カ月・3カ月検診の人、妊婦を見かけました。
やっぱりどこかで「普通の子でいいなぁ」とか、妊婦はついこの間の自分をみているみたいで少し切なくなりました。

マー君の出産の時は、総合病院で出産しました。
次の日にわき腹に大きな海綿状血管腫があり、脳にもあるかもしれないと言われ、産まれてすぐにCTやMRIなどの検査をしました。
大きすぎて珍しいのか写真も撮られ、色々な科の先生たちが見に来て「こんなでかい血管腫みたことない」と言われました。
お医者さんが見たこともない血管腫がなんでうちの子にあるんだと思い5日間の入院中毎日泣いて過ごしました。

ショックで母乳の出も悪くなり、マー君の体重も標準よりかなり減ってしまい、母乳育児するつもりだったので、同じ日に産んだママ達は普通に退院していくのに私だけが居残り講習を受けて退院しました。苦痛でした。
産後ということもあり、1カ月間は少し鬱気味でした。
今でも経過観察中ですが、結局血管腫は自然に小さく薄くなりました。それも珍しいらしく写真を撮られました。

そんな出産を経験していたので、子供を産んだ後のハッピーな入院生活に憧れていました。
今度こそ綺麗な病院で楽しい入院生活を送るぞ!と張り切っていました。

が、ヒロ君はダウン症でした。
3人目は今は考えていません。
結局、私の人生、出産後の入院生活に関しては良い思い出は作れませんでした。

告知の時期っていつがいいのかは人それぞれだと思うけど、
私の場合は、今、ヒロ君を受け入れられているので、ヒロ君が総合病院に運ばれていなかったら、楽しい入院生活を送りたかったので、1カ月検診くらいで告知してほしかったなと思います。
2011-03-31 22:11 | 4カ月 | COM(0) | TB(0) |
今日は甲状腺の検診に行ってきました。
数値は下がってきているので大丈夫でしょうということでした。

体重が5580gでした。
身長は標準の下のラインでしたが、体重は身長の延びのわりに、かなり増えていないということでした。
もう普通の子と比べる気は全くないので特にショックもありません。

首はまだすわってませんでした。
まぁマー君も首がすわったのは6カ月だったので、それも全然気になりません。

ヒロ君をバカにしているわけではないのですが、どうしても「普通じゃないんだから」「ダウン症だから」という考えがあります。これってヒロ君に失礼なのかな?
でもこれが正直な私の今の考えです。

告知後のショックが大きすぎたせいなのか、考えすぎて頭を使いまくったからなのか、
最近の私は物事を考えることがとても面倒になっています。
無心でいることが多くなったのと、物忘れが激しくなっていると最近気がつきました。
落ち込まないように自然に脳が防御しているのか。

育児休業を取っているので、今年度の契約をしに職場に行きました。
久々にあった職場の人のの名前が全然出てこないんです。
出産前の私はどちらかというと完璧主義でした。
なので名前が出てこない自分にビックリしてしまいました。

久々の職場はやっぱり楽しかったです。
皆が話しかけてくれて励ましてくれました。
私はもともと隠し事ができない性格だったので、告知された日に友達全員にメールで報告しています。

ヒロ君がこの先どうなるかわからないけど、できるだけ今の職場で長く働きたいと思いました。
2011-03-30 20:24 | 4カ月 | COM(0) | TB(0) |
未だに大きい余震があってビクビク生活しています。
でも他県の友達とかが心配してくれるほどではないです。
水・米・ガソリン、なんでも買えています。
パンや乳製品など品物が少ししかないものもありますが、そこそこ買えています。


ノリ君は老人ホームで働いているのですが、福島から茨城の避難所にきている痴呆の方が夜など騒いでしまうため、他の人への配慮で茨城の老人ホームで預かることになったそうです。
保護者が新潟の方らしく、何かあった場合、どこに連絡していいのかとうような問題があるそうです。


地震があった日からマー君が今日まで保育園を休んでいました。
明日から保育園です。
2週間も休んでいるとマー君の相手をするのも大変でした。
やっとヒロ君とゆったり2人生活を送れます。

保育園の水道の放射能の検査をしてからでないと給食が出せないということで、
初めてのお弁当です。
食べムラがあるので今から心配です。
からあげのみ。
ウインナーのみ。
コンビニのおにぎり。
見た目より絶対に食べるものを持たせる予定です。
2011-03-27 18:58 | 4カ月 | COM(0) | TB(0) |
地震のあった11日の午前中に初めて親の会に行ってきました。
行く前は期待と不安、半分半分な感じでした。
同じダウン症の子と会えると思うと期待。
成長の遅さを見てショックを受けるかもと不安。

行ってみたら良い結果でした。

親が15人くらい、子供が7人くらい来ていました。
来ていた子供は1~3歳くらいまでで、25歳の子を持つ親が3人くらい来ていました。
あとは小学校に行っている方等。

うちの近所の人もいて普通に小学校に通っていると聞きました。
こんなにたくさんダウン症の子がいるなんて…と安心して泣いてしまいました。

しかも皆さん明るくて、私が泣いても、もらい泣きをする人がいませんでした。
ということは、皆さん前向きに生活できているんだなと思いました。
そして強くなるんだなとも思いました。
泣いている私に皆通る道だからとか、まだ4カ月で親の会に出てこれるんだから大丈夫とか、
3年くらい外に出れない人もいるよと教えてくれました。

そして、告知のされ方等、色々なドラマがあってビックリしました。
私の場合は産まれて次の日に告知されましたが、それが普通なのだと思っていましたが、
・9ヵ月まで知らずに何か成長が遅いからあやしいと思って自分で病院に話をして検査をしてもらってダウン症だとわかった人。病院ではあやしいかもと思っていたが、合併症がないから言わなかったらしいです。
ダウン症とわかってから検査をしたら心臓に小さい穴が開いていたそうです。
・妊娠2・3ヵ月のころに首の後ろに浮腫があって、ダウン症とわかっていて産んだ人。

ほんとにいろいろな方がいて、告知の話、合併症の話、とても前向きな気持ちになりました。
そして皆さんが無理しているわけではなく本当に明るいことにビックリしました。
「不安はないわけじゃないけど、健康面さえ気にしてあげていれば、可愛いし普通の子育てと変わらない」と言ってくれた人もいました。
いろいろな方のブログを読んでいてわかっていたことだったけど、実際に会って話をするとさらに心に響くものがありました。

私が泣いていると2歳くらいの子が私の顔を覗き込んでニコって笑ってヒロ君の頭を力いっぱいゴシゴシなでなでしてくれました。思わず笑ってしまいましたが、やっぱり優しく育ってくれるのかなとも思いました。

体操とかもやっているらしく誘われましたが、もう気持ちが満足でいっぱいいっぱいだったので、
また来月参加して連絡先を交換してこようと思いました。
2011-03-20 17:08 | 4カ月 | COM(0) | TB(0) |
やっと今お風呂入れました。
湯船につかってホッとすると「ありがたいなぁ」って思いました。
たった5日間水が出ないだけで1日電気が使えなかっただけで、
こんなに生活が変わってしまうなんて。
東北の方とは比べられないけど…

まだまだ余震が大きいので不安です。
寝るときは枕元に服と靴下を用意してあります。
お風呂のお湯は残して、水もペットボトルにためてあります。
洗濯ものも家の中に干しています。
地震が他の県にいかなければいいなと願います。


スーパーはだいぶ落ち着いてきた感じがします。
野菜も肉も魚も卵・牛乳ありました。
水とお米やパンはないけど、皆が買いあさっていたときに比べたら、結構商品がありました。
ガソリンはないですね。
2011-03-16 19:27 | 4カ月 | COM(0) | TB(0) |
今日から水が少し出るようになりました。
浴槽にたまっていた汚い水で洗濯をしました。
まだお風呂は入っていません。
うちはエコキュートなんですが断水状態が長かったせいなのか、なかなか温かいお湯がでません。
私はそんなにお風呂に入らなくても大丈夫なほうなんですが、さすがに昨夜軽く体をふきました。
ライフラインすべてがそろうと少し安心できます。
まだまだ余震もあるし今後どうなるかわからないので、水も電気も食料も大切に使っていこうと思います。
2011-03-15 14:29 | 4カ月 | COM(0) | TB(0) |
プロフィール

OOちゃん

Author:OOちゃん
2010/11/17ダウン症の息子をもって自分の気持ちの変化を書きたくて、ブログ始めました。

出産直後は普通ではない子を産んでしまったと、かなり落ち込み、障害という未知の世界に不安を感じ、闇の中にいるようでした。
当時は元気になんかなれないと思っていました。

他人と比べない。
周りとうまくやるには、自分は世の中の「普通」ではない少数派なんだと自覚をする。
幸か不幸かは誰にどう思われようと自分の心次第。

上記を考えるようになって段々と心が回復し、3年後には障害のある子がいる生活が私の普通になりました。
心が鍛えられたせいか、ちょっとのことでは動じなくなり、落ち込まなくなりました。

今はとても楽しく生活しています。

カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブロとも一覧
最新コメント
ブロとも申請フォーム
リンク
検索フォーム
FC2カウンター