脳症になった後、2歳から通い始めて、全くしゃべれなくて、癇癪をおこしたり、大変な時期もありました。
最近は言葉もでてきて、落ち着いて受けることができているので、集団行動の練習のため、4人で受けることになりました。

女の子2人と男の子2人の4人でです。
今回は男の子がお休みだったので3人で受けました。

女の子の母親たちと狭い空間にあるマジックミラー越しに見ているので自然とどういった状況でことばの教室に入ったのか、今の状況等、話しました。
・1人目は多動で母子通園に通っていた子
・2人目は幼稚園で専門の先生に診てもらったら、普通の子よりも少し行動が遅くて、半年くらい成長が遅いと言われて入った子(この子と小心者のところがマー君と似ていると思った)

うちみたいに言葉自体が遅い子はいませんでした。
障害の重い軽いはあるだろうと思うけど、この中だとうちが重いほうに入るのかも。
・元々首座りから何もかもが2・3ヵ月くらい普通の子より成長が遅かったこと
・2歳でロタウイルスから脳症になったこと
・3歳で初語が「5」「青」しか言えず、3歳半で少しアンパンマンのキャラが言えるようになった
・脳症のせいで言葉が遅くなったのか、元々遅い子だったのか
話しました。
下の子がダウン症だということは、まだ言えませんでした。


3人の子供に3人の先生がついてくれていました。
最初は自己紹介をしました。
マー君もちゃんと名前を言って、年齢を聞かれてちゃんと答えていました。
好きな食べ物は?の質問に「おすし」と答えていました。
他の子とも仲良くやれていました。
小さいアスレチックみたいなもので3人で電車ごっこをしたり、リレーみたいなことをしたりしました。
次は本を読んでくれて、最後は何が楽しかったか聞かれて「ゲーム」と答えていました。

3人だけで見ていると普通の子に見えるんだけどなぁ。
先生の丁寧な説明や、行動がゆっくりでも待ってくれる環境があるせいでもあるけど。
先生の目が行き届いている状況だと安心して見ていられます。
保育所だとそうはいかない。

全体的に無事に終われました。
これからどんなことを学んでくれるのか楽しみです。

スポンサーサイト



2012-05-19 09:18 | 発達障害のマー君のこと | COM(0) | TB(0) |
プロフィール

OOちゃん

Author:OOちゃん
2010/11/17ダウン症の息子をもって自分の気持ちの変化を書きたくて、ブログ始めました。

出産直後は普通ではない子を産んでしまったと、かなり落ち込み、障害という未知の世界に不安を感じ、闇の中にいるようでした。
当時は元気になんかなれないと思っていました。

他人と比べない。
周りとうまくやるには、自分は世の中の「普通」ではない少数派なんだと自覚をする。
幸か不幸かは誰にどう思われようと自分の心次第。

上記を考えるようになって段々と心が回復し、3年後には障害のある子がいる生活が私の普通になりました。
心が鍛えられたせいか、ちょっとのことでは動じなくなり、落ち込まなくなりました。

今はとても楽しく生活しています。

カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも一覧
最新コメント
ブロとも申請フォーム
リンク
検索フォーム
FC2カウンター