これに関してはやっぱりまだまだです。

友人から第二子出産メールがきた。
やっぱり写真付なので見て切なくなった。
もう最近は毎回恒例になっている顔のチェック。
「あぁ普通の子の顔だね」って。

一斉送信だったので、とりあえず返事はしなかった。
他の人の返事を見てから、新居の報告もあったので「出産・引っ越しおめでとう。実家の近くに住めて良かったね。」と送った。この文章、色々考えて絞り出して出た文章です。
でも今回はオメデトウが書けました。
少し良くはなってきたけど、昔なら「おめでとう!会おう!」と言って幹事を進んでやるタイプだったのに、こんな返信をするなんて昔の私ならあり得ない文章です。

この友人とはヒロ君の時に妊娠が発覚したのが一緒の頃で「出産したら一緒に遊ばせようね」なんて話していたけど、私がダウン症のヒロ君を産んでしまったので、今まで1回しか会っていません。
私も刺激されたくないので進んでは会いたいとは思わないし、友人も気を使って、会おうとは言いません。
9人グループだったので、団体で1回だけ会いました。
その友人の子はヒロ君の何日か後に生まれたけど、ヒロ君はまだ赤ちゃんみたいだったのに、大きくてちゃんと幼児になっていました。
うちは普通の子じゃないんだから比べちゃいけないってわかっているけど、目の前に同い年の子がいたら嫌でも比べてしまいます。

今回のメールで「会おう!」って書いている人もいたけど、私はあまり乗り気ではありません。
やっぱり新生児をみるのが辛いです。
その子が嫌いな訳じゃなく、自分の出産当時を思い出したくないだけです。
あと出産後の幸せそうな光景も「私にはなかった」って思ってしまうので見たくありません。
芸能人の妊娠・出産話も聞きたくないし関心がありません。
出産を素敵な出来事風にしているテレビ番組も冷めた目で見てしまいます。

ヒロ君は可愛くて家族で大切な存在にはなったけど、あの日のことはもう思い出したくないみたいです。
ノリ君にこのことを話したら、やっぱり同じようなことは考えるときがあるみたいでした。

報告を受けてから「マー君とヒロ君が可愛い」「私にはこの子たちでいい」「この子たちで充分幸せだ」「別に普通ではないけれど可愛い私の子供なんだ」って繰り返し思ってます。
「この先もずっと笑って過ごせて幸せでいられるように頑張ろう」って強く思いました。
健常な子を持っても幸せになれるとは限らないし、障害児だからって不幸とは限らない。
久々にこういうことを考えました。
刺激があると色々考えて強い思いが出るので、これはこれでいいことなのかもしれないって思いました。続きを読む
スポンサーサイト



2013-05-13 01:09 | 2歳 | COM(4) | TB(0) |
プロフィール

OOちゃん

Author:OOちゃん
2010/11/17ダウン症の息子をもって自分の気持ちの変化を書きたくて、ブログ始めました。

出産直後は普通ではない子を産んでしまったと、かなり落ち込み、障害という未知の世界に不安を感じ、闇の中にいるようでした。
当時は元気になんかなれないと思っていました。

他人と比べない。
周りとうまくやるには、自分は世の中の「普通」ではない少数派なんだと自覚をする。
幸か不幸かは誰にどう思われようと自分の心次第。

上記を考えるようになって段々と心が回復し、3年後には障害のある子がいる生活が私の普通になりました。
心が鍛えられたせいか、ちょっとのことでは動じなくなり、落ち込まなくなりました。

今はとても楽しく生活しています。

カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブロとも一覧
最新コメント
ブロとも申請フォーム
リンク
検索フォーム
FC2カウンター