うちに来るお客さんはほとんどの方が1ヶ月半~2ヶ月近く保ちます。

自分のネイルは利き手じゃないほうがはみ出しているせいか、2週間しか保ちません。
保たない理由は他にも色々ありますが、お客さんには「ネイルは無理に剥がさないでね」って言っているのに、自分のは面倒くさくて無理に剥がしちゃってます。そのせいもあって表面が傷んでいるからだと思います。
あとは爪の延びるのが人より早いです。
甘皮もすぐに伸びます。
あとは子持ちで水仕事が多いのと、仕事や家でシールをはがしたりよくします。

私が飽きっぽいので、デザインをすぐに変えたくなります。
前回パステルカラーのデザインを練習したくてやってみましたが、他人ウケは良く、馴染みも良く可愛くて綺麗な感じでいいのですが、自分の服には優しい感じになるので時間が経つと飽きてきました。
基本、服がシンプルなのでネイルでパンチを出したいです。
たまに冒険して自分らしくないものをやりたくなりますが、最初は新鮮で嬉しいのですが、やっぱり自分の好みのものを塗った方がしっくりきます。後半の飽きがこないと思う。
自分の服装に合うものを選ぶのが1番な感じがします。

今回も2週間で塗り変えました。
004_convert_20130623093859.jpg
006_convert_20130623093945.jpg
黒が好きみたいで落ち着きます。
スポンサーサイト
2013-06-23 09:39 | ネイル | COM(2) | TB(0) |
小学校の見学の前日。
喉が痛くて風邪の引きはじめだと思っていたら、急に首も痛く、悪寒・倦怠感・微熱、首痛から頭痛も始まり、口の中に口内炎、鼻の頭にできもの、痛すぎて喉の何か重い病気じゃないかと思うくらいでした。
夜も寝れないくらいでした。

後からノリ君も喉が痛くなり熱が38度台で、やっぱり悪寒がするらしく、少し前にヒロ君が風邪を引いていたので、2人して風邪がうつっただけかもと思いました。

小学校の見学はノリ君と2人で行くはずだったけど、朝マー君が咳き込んで食べたものを吐いてしまったので、マー君を保育所休ませて、私だけで参加しました。

マー君は結局咳き込んだ勢いで吐いただけでした。

午後、耳鼻咽喉科に行くと、私が咽頭炎、ノリ君が扁桃腺炎でした。
腫れている場所が違うらしいです。
薬の種類も少し違うらしいです。
前にヒロ君の鼻水の菌を調べた時に、肺炎球菌とか結構強い菌が出てるので、私たち親も体調が良くないと感染してひどくなっちゃうのかな。

ノリ君は扁桃腺もちでした。高熱はここからくるっぽいです。
子供の頃は何も言われたことがなく、最近知ったらしいです。

ついでにヒロ君の耳掃除をしてもらいました。
薬をもらって症状もだいぶ良くなり、ブログもできるようになりました。

2013-06-17 11:54 | 発達障害のマー君のこと | COM(2) | TB(0) |
車で15分くらいのところにある小学校に通級の見学に行って来ました。
普通の小学校の中に3クラスありました。

・知的障害クラス
・自閉・情緒クラス(4人で集団行動を学ぶ感じ)
・ことばの教室クラス(1人で発音・話し方を習う感じ)

マー君に必要なのはことばの教室クラスだろうなと思って行きました。
月1・2回くらいなら利用したいと思っていました。

でも、実際見学してみて自閉・情緒クラスも必要なのかなとか考えましたが、親が送り迎えをする必要があるから、もし利用するとしたら専業主婦にならないと利用できないかもって思いました。

まだマー君がどの程度できるのか、できないのかわからないけど、話し方の矯正は必要だとは思っています。

でも、私の精神状態を保つためには仕事は必要だと思うし、できればお金も稼ぎたい。
今の恵まれた環境の職場から離れたくないという思いがあります。
でもマー君にはできるだけのことはしてあげたいし。

とりあえず今は言語の矯正をしてもらうということを1番に考えて、実際に小学校にあがってみて集団行動が出来るのかどうかマー君の状態をみてから、ノリ君や実母と話し合って決めていこうと思います。

見学にはマー君のことで参加しましたが、ダウン症の親の会の人も4~5人来ていました。
「あれ?ヒロ君まだ早いんじゃない?」と言われ、「うちはヒロ君だけじゃないからさ~(笑)」と明るく答えている自分がいて、やっぱり親の会の人達にどんな質問されてもなんとも思わないし、1人で参加して不安だと思っていても、こういった公共の集まりには誰かしら知り合いがいてくれるので安心します。

通級についてはダウン症の子は利用していないということでした。
普通の小学校の特別支援級か特別支援学校のどちらかになるんだと思いました。
ヒロ君についても悩むときが来るんだと思いますが、なんとなく2拓な感じがします。
先輩達の話を聞いていても、特別支援学校に行き始めるタイミングをいつにするのかっていうところで悩むような感じがします。

マー君の方が普通の小学校にしがみつきたい気持ちがある分、難しい問題のような気がします。

2013-06-17 11:32 | 発達障害のマー君のこと | COM(2) | TB(0) |
パステルカラーでシンプルなデザインの練習がしたくなり、水色のパステルカラーにホログラムで水玉とフラワーアートをしてみました。
004_convert_20130608171256.jpg
006_convert_20130608171232.jpg
007_convert_20130608171329.jpg
008_convert_20130608171348.jpg
ダンスの先生のネイル
こちらもいつもよりシンプルになりました
009_convert_20130608172115.jpg
010_convert_20130608171931.jpg

2013-06-08 17:24 | ネイル | COM(2) | TB(0) |
職場の新規の方のネイル
私はどうしても個性的にしようとしてしまうのですが、無難なデザインがいいということで、こんな感じになりました。
色々な方をやれると、色々なセンスが見れるし、自分にはないセンスのものをやることができて新鮮です。
うちに来る方にはある程度自分の好みのデザインをネットや雑誌等を持ってきてもらって真似るという形式をとっています。
このデザインは本人から指示をもらってやりました。
008_convert_20130606171833.jpg
007_convert_20130606171929.jpg
006_convert_20130606171903.jpg
こういった一般的なデザインは職場での評判も良く、いい宣伝になりそうです
2013-06-06 17:22 | ネイル | COM(2) | TB(0) |
遠足の次の日は高校の同窓会に行ってきました。

同窓会といっても仲の良い人達が今でも繋がっている人に連絡をして集まった軽い感じの同窓会でした。
そんな同窓会だったけど、男女約50人集まりました。

幹事の人が当時若かったノリのいい先生2人を招待していました。(7歳しか違わない)
その先生の1人は私がキャプテンをしていたハンドボール部の顧問の先生です。
そして、私の友達と付き合っていた先生でもあったので友達感覚の先生でした。
会えて嬉しかったです。

最初は乗り気ではなかったけど、行ったらとっても楽しめました。

21年ぶりに色々な人に会えて、色々な人生を聞いたり話したり、いい刺激になって頑張ろうという気持ちになりました。
平穏無事にいっている人もいるし、バツ1・バツ2・結婚していなかったり、子供が出来なかったり、再婚していたり、してなかったり、自殺をしてしまった人もいました。
皆、頑張っているんだなって思いました。
ノリで何人かにはヒロ君のことを話しましたが、子供については特に深く話せる場でなかったのも良かったのかも。

飲み放題食べ放題だったので、久々にお酒をいっぱい飲んでしまって、その状態も懐かしめました。
2013-06-06 10:27 | 2歳 | COM(2) | TB(0) |
5/31に親子遠足がありました。

去年は6/1で仕事が忙しい日だったので参加しなかったら、クラスでマー君だけ参加してなくて、慌てて同じ週の土日に家族で「むさしの村」に行った記憶があります。

今年は「東武動物公園」に行ってきました。
130531_111840_convert_20130603175218.jpg
マー君は友達づきあいもしていないし、私も仲良くしているお母さん達もいないし、マー君の成長の遅さを目の当たりにして、嫌な思いをするんじゃないかって不安でした。
あと、私が過敏性腸症候群なので2時間近くのバスが不安でした。

どちらも大丈夫でした。
私のほうは1ヶ月前から整腸剤を飲んだり腹筋したりしたら、お腹の調子がよくなって、トイレに行く回数が減りました。

マー君は特に仲良くしている友達はいないけれど、無難にクラスの子と話したりしていました。
どちらかというと女の子のほうが気が合うみたいでした。
やっぱり活発な男の子はマー君のことを少しバカにしている感じは見受けられましたが、今回は何事もなく終われました。

お弁当も料理が苦手な私だけど、一応早起きして作りました。
ツナマヨおにぎり・からあげ・ミートボール・ウズラのゆで卵・ブロッコリー・保険のバナナ
全部美味しいと言って食べてくれたので、コンビニじゃなく手作りにしてよかったって思えました。
残さず全部食べてくれたので嬉しかったです。
130531_120933_convert_20130603175338.jpg
動物園でダウン症かなと思う女の子が遠足でお母さんとペンギンを見ていました。
ダウン症だという確信がなかったので話しかけられないけど、気になって一緒にペンギンを見ていたら、その子が私の手をとって「ペンギン、いた」といって話しかけてきました。
お母さんが「すみません」と言ってきたので、思わず「ダウン症ですか?」と聞いてしまいました。
相手に嫌な思いをさせたくなかったので空かさず「うちにもダウン症の弟がいるんで」と言って少し話をしました。

ヒロ君を産む前だったら何も思わなかったけど、ダウン症の子を見ると仲間意識なのか、普通に可愛いなって思えて、話しかけたくなっていました。
手をとって話しかけられたときも嬉しかったです。
その子は5歳ということでした。
マー君も5歳なので、同じ5歳には全く見えなかった。見た目は3歳くらいに見えた。
でもそれを見て悲しくなることはなかった。
単純に話せてよかったって思いと、可愛いって思っただけでした。

動物園と遊園地があるので、1日で遊びきれませんでした。
怖がりのマー君なのにジェットコースター系が好きみたいで何回も乗らされました。
私は若いときは苦手じゃなかったのに、年取ったせいか、怖かったし、酔いました。
ガチョウに餌をあげたり、好きなゾウと写真を撮りました。(後ろ向いてるけど)
130531_114432_convert_20130603175927.jpg 130531_143213_convert_20130603175806.jpg
今度はノリ君とヒロ君も一緒に来たいと思いました。
2013-06-03 16:28 | 発達障害のマー君のこと | COM(2) | TB(0) |
プロフィール

OOちゃん

Author:OOちゃん
2010/11/17ダウン症の息子をもって自分の気持ちの変化を書きたくて、ブログ始めました。

出産直後は普通ではない子を産んでしまったと、かなり落ち込み、障害という未知の世界に不安を感じ、闇の中にいるようでした。
当時は元気になんかなれないと思っていました。

他人と比べない。
周りとうまくやるには、自分は世の中の「普通」ではない少数派なんだと自覚をする。
幸か不幸かは誰にどう思われようと自分の心次第。

上記を考えるようになって段々と心が回復し、3年後には障害のある子がいる生活が私の普通になりました。
心が鍛えられたせいか、ちょっとのことでは動じなくなり、落ち込まなくなりました。

今はとても楽しく生活しています。

カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブロとも一覧
最新コメント
ブロとも申請フォーム
リンク
検索フォーム
FC2カウンター