卒園するので保育所の先生にメッセージカードをそれぞれ書いて渡すことになった。
ヒロは字も絵も書けないからと軽く考えていた。

タブレットでアルファベットに興味を持っていて、よく絵描き歌とかを見ていた。
何日か前に先生から歌いながらアルファベットをA〜Zまで書けますよと言われた。
これはいいタイミングだったと思い、先生の名前をアルファベットで書かせて、お礼のメッセージを私が書いて提出ができた。

お友達の1歳位の弟くんがお迎えの時に来ている。
その子の頭をナデナデしたり、泣いているとヒロがいないいないばぁをしてくれるんですと教えてもらった。
赤ちゃんみたいなヒロがお兄さんぶっていると思ったら笑えた。

ヒロの特別支援学校の入学式の保護者代表として挨拶をすることになった。
人前で挨拶することは初めてです。
普通の学校の挨拶は人数も多いししないで済んでいたけど、18人しかいないとなると仕方がないかと思い、引き受けた。
せっかくの入学式、挨拶で緊張で楽しめそうにないな。


スポンサーサイト
2017-03-12 20:25 | 6歳 | COM(2) | TB(0) |
プロフィール

OOちゃん

Author:OOちゃん
2010/11/17ダウン症の息子をもって自分の気持ちの変化を書きたくて、ブログ始めました。

出産直後は普通ではない子を産んでしまったと、かなり落ち込み、障害という未知の世界に不安を感じ、闇の中にいるようでした。
当時は元気になんかなれないと思っていました。

他人と比べない。
周りとうまくやるには、自分は世の中の「普通」ではない少数派なんだと自覚をする。
幸か不幸かは誰にどう思われようと自分の心次第。

上記を考えるようになって段々と心が回復し、3年後には障害のある子がいる生活が私の普通になりました。
心が鍛えられたせいか、ちょっとのことでは動じなくなり、落ち込まなくなりました。

今はとても楽しく生活しています。

カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブロとも一覧
最新コメント
ブロとも申請フォーム
リンク
検索フォーム
FC2カウンター