自己愛と別の部署になり、約2年絡むことはなかった。

今朝、上司が休みだったので、久しぶりに自己愛と絡んだ。
仕事のことで電話で話したけど、理不尽なことを堂々と正当な感じに言ってきて、引き下がらない。

久々にイラついてムカついて、顎が震えた。

昔は3年間毎日自己愛と接していたから、慣れていたし、対処の仕方も工夫出来ていたので、耐性もできていた。

自己愛と離れて2年。
職場の環境がかなり良くなって、変な人との絡みがなかった。
魂を抜くことが少なくなっていた。
耐性がなくなっていた。

近所の人との喧嘩の時も思ったけど、自己愛と関わることがなくなって、魂を抜く技が衰えてきているなと思う。

いい環境で働けていることは、かなり有難いし恵まれている。
その代わりに、変な人を交わす技が衰えてきている。
いいことなのか、よくないことなのか・・・


スポンサーサイト
今日はデイのイベントで、アンデルセン公園に行って、青少年の家にお泊まりしています。
 実家以外のお泊まりは初です。

 ヒロが赤ちゃんの頃に、実家に預けて、マー君とノリ君と3人で泊まりでディズニーランドに行ったことがありました。
 その頃はヒロがいなければ…って、考えたことがあった。 
この事を思い出すとヒロに申し訳なくて、悲しくて切なくて泣ける。
 自分の未熟さを愚かに思う。

 1泊なので明日帰ってくるけど、今はヒロがいなくて寂しいです。
 6年経った今では、ヒロはいなくてはならない、大切な存在になりました。 
家族の一員です。
 

ヒロを大切に思えるようになれた自分の環境に感謝しています。 
子供を単純に愛することができて、今はとても幸せです。

2017-08-03 23:26 | 小学1年 | COM(0) | TB(0) |
プロフィール

OOちゃん

Author:OOちゃん
2010/11/17ダウン症の息子をもって自分の気持ちの変化を書きたくて、ブログ始めました。

出産直後は普通ではない子を産んでしまったと、かなり落ち込み、障害という未知の世界に不安を感じ、闇の中にいるようでした。
当時は元気になんかなれないと思っていました。

他人と比べない。
周りとうまくやるには、自分は世の中の「普通」ではない少数派なんだと自覚をする。
幸か不幸かは誰にどう思われようと自分の心次第。

上記を考えるようになって段々と心が回復し、3年後には障害のある子がいる生活が私の普通になりました。
心が鍛えられたせいか、ちょっとのことでは動じなくなり、落ち込まなくなりました。

今はとても楽しく生活しています。

カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも一覧
最新コメント
ブロとも申請フォーム
リンク
検索フォーム
FC2カウンター