障害児を持つ芸能人が、ブログなどを書いて、色々意見を言われたりしている。
普通の子と同じように扱ってほしいとか言ってみたり、何か不都合があると障害があるからと主張したり。
障害児の親がみんな同じような考え方だと思われるのが嫌だなと思う。

スポンサーサイト
2018-03-29 18:31 | 小学1年 | COM(0) | TB(0) |
あっという間に1年生が終わりました。
大変なことも嫌なことも特になく過ごせました。

去年の今頃は色々と準備していたなぁ。
放課後デイの見学や決定・手続き、持ち物の準備、支援学校への不安はなかったけど、新しい世界なので、どうなるんだろう?という気持ちはあった。

結果、支援学校もデイも楽しく通えている。
支援学校と普通の小学校、迷うことなく支援学校に決めていたけど、私とヒロには支援学校が合っていたと思う。
支援学校にして良かったと思えている。
先生たちも優しくて、ちゃんと指導してくれて、いい人ばかりで、満足の行く教育を受けることができた。
私も色々なママ友ができたり、嬉しいことばかりでした。

まだ、話すこと、トイレができないので、この2つが課題かな。

2018-03-25 12:48 | 小学1年 | COM(0) | TB(0) |
プロフィール

OOちゃん

Author:OOちゃん
2010/11/17ダウン症の息子をもって自分の気持ちの変化を書きたくて、ブログ始めました。

出産直後は普通ではない子を産んでしまったと、かなり落ち込み、障害という未知の世界に不安を感じ、闇の中にいるようでした。
当時は元気になんかなれないと思っていました。

他人と比べない。
周りとうまくやるには、自分は世の中の「普通」ではない少数派なんだと自覚をする。
幸か不幸かは誰にどう思われようと自分の心次第。

上記を考えるようになって段々と心が回復し、3年後には障害のある子がいる生活が私の普通になりました。
心が鍛えられたせいか、ちょっとのことでは動じなくなり、落ち込まなくなりました。

今はとても楽しく生活しています。

カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブロとも一覧
最新コメント
ブロとも申請フォーム
リンク
検索フォーム
FC2カウンター