line_1547089917819_convert_20190114112503.jpg
1年しか働いていないし、逃げるように辞めるのに、昼休みに集まってくれて、こんな花束をいただきました。
「他の人にはやらないですよ。OOちゃんだからです。」と言ってもらえたので嬉しかった。

去年の2018/1/10〜2019/1/10の1年間だけでしたが、立ち上げたばかりの部署のパソコン・プリンタの立ち上げ・設定、共有フォルダの作成、wifiの導入、ExcelやWordで入力画面の開発(勤務管理表・実施時間記録入力システム)、色々なルール決め等をやってきた。
私がデザインした名札は病院全体の名札になったりもした。
ほとんど20代が多かったので、今まで色々なところで働いてきた40代の私の意見が通ることが多かった。
今まで学んできたことの集大成みたいな感じで、自分でもかなり頑張ったと思うし、かなりのスキルアップができた。
がむしゃらに開発してきたけど、忙しい職場なだけにあまり雑談ができなかったので、後半は皆の役に立っているのだろうか?と思うときもあったので、この花束はその頑張りを認められたようで嬉しかった。

そして、仲良くしてた方何人かとLINEをして、お別れのやり取りをした。
皆若いのにとてもしっかりしていて、一緒に改善・改革していければよかったなぁと、途中で辞めて申し訳ないと思いました。
時給と仕事内容が合っていなかったので、辞めたくて辞めたけど、人や仕事は嫌じゃなかったので、最後は少し寂しく思いました。

独身のときはやりがいや経験値を上げるために仕事をしていたけど、今の私は家族のために働く、自分の心と体が楽で、家事育児との両立ができる仕事を選ぶようになったので、今回の転職は仕方がないと思っている。

来週から新しい仕事が始まる。
ある程度、お別れをしたら、気持ちを切り替えていこうと思う。
早速、辞めた日に久々のジェルネイルをした。
ピアスをした。
結婚指輪をつけた。
やっぱりこれが私だよねった感じがした。
お別れは寂しかったけど、色々な欲求が満たされる感じがした。

スポンサーサイト



2019-01-14 11:47 | 仕事のこと | COM(0) | TB(0) |
プロフィール

OOちゃん

Author:OOちゃん
2010/11/17ダウン症の息子をもって自分の気持ちの変化を書きたくて、ブログ始めました。

出産直後は普通ではない子を産んでしまったと、かなり落ち込み、障害という未知の世界に不安を感じ、闇の中にいるようでした。
当時は元気になんかなれないと思っていました。

他人と比べない。
周りとうまくやるには、自分は世の中の「普通」ではない少数派なんだと自覚をする。
幸か不幸かは誰にどう思われようと自分の心次第。

上記を考えるようになって段々と心が回復し、3年後には障害のある子がいる生活が私の普通になりました。
心が鍛えられたせいか、ちょっとのことでは動じなくなり、落ち込まなくなりました。

今はとても楽しく生活しています。

カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも一覧
最新コメント
ブロとも申請フォーム
リンク
検索フォーム
FC2カウンター