上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

友達がお祝いとクリスマス会を開いてくれました。
最初はダウン症の話にはふれずにいてくれてました。
だんだん慣れてから少しずつ話をしてきました。
泣きたくなかったので感情を押さえられるような内容しか話しませんでした。
気分転換もできてありがたいと思いました。

友達はみんな普通の子をもっているので、その子たちをみると羨ましい・普通でいいなって思ってしまいました。
子供の将来の話をしたりしていました。その話題には参加できませんでした。

気分転換をしにいったのに逆に下がってしまいました。
こういうことに早く慣れなくてはと思い帰ってきました。

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://55165516.blog22.fc2.com/tb.php/11-ddca57d6
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
プロフィール

OOちゃん

Author:OOちゃん
2010/11/17ダウン症の息子をもって自分の気持ちの変化を書きたくて、ブログ始めました。

出産直後は普通ではない子を産んでしまったと、かなり落ち込み、障害という未知の世界に不安を感じ、闇の中にいるようでした。
当時は元気になんかなれないと思っていました。

他人と比べない。
周りとうまくやるには、自分は世の中の「普通」ではない少数派なんだと自覚をする。
幸か不幸かは誰にどう思われようと自分の心次第。

上記を考えるようになって段々と心が回復し、3年後には障害のある子がいる生活が私の普通になりました。
心が鍛えられたせいか、ちょっとのことでは動じなくなり、落ち込まなくなりました。

今はとても楽しく生活しています。

カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。