ヒロ君、肺炎はすぐに治りました。

ヒロ君の保育所で初めての保育参観がありました。
マー君も休ませ、パパとママ3人で参加してきました。
045_convert_20120211233417.jpg
1・2歳が同じクラスなんですが、自己紹介がありました。
みなさん子供の年齢を言っていましたが、私は言いませんでした。
どうみても1歳にはみえないから。
別に隠そうとしたわけではなく、言う必要がないと思ったから。
今後も年齢を聞かれることがあるだろうけど、半分くらいに言うことに決めている。
相手が困るだろうから。
047_convert_20120211233452.jpg
どの子と比べてもヒロ君が1番可愛かった。


昨日職場の68歳の女性と2人きりになることがあり、子育ての話を私から振った。
自分から話しかけておいて、ヒロ君のことをカミングアウトした途端泣いてしまった。
昔からの人には報告しているけど、この68歳の人には話していなかった。
なんとなく雰囲気のいい感じの人だったので、聞いてほしいっていう気持ちから話しかけていた。
その人は私のブログのヒロ君の写真を見て「可愛いじゃない」と言ってくれた。
その人の優しい言葉でさらに泣いてしまいました。

泣いた後はとてもスッキリした気持ちになりました。
たぶん、嘘をついてるわけじゃないけど、黙っているのが耐えられなくなったのかな。
本当のことを誰かに話したかったみたい。

その人の旦那さんは52歳で癌で亡くなっってしまっていて、息子が3人いて孫娘も3人いるらしい。
その1人の息子さんが離婚して今一緒に暮らしているという話を聞いた。
親も早くに亡くされていた。
皆色々な人生がある。と思えた。


泣いた話を書いたけど、最近は毎日楽しいです。
「この先何があるか分からないけど」という前置きはついてしまうけど
(これは普通の子でもいえるけど)
今現在はとても充実した満足できる毎日を送れている。



今日はノリ君の実家に行ってきた。
帰りの車でやっぱり子育ての話になった。
前回はあまりいい感じの話にはならなかったけど、今回はかなり前向きな意見が聞けた。
少しずつノリ君の中でも、何かが前に進みだしているようだった。
やっぱりノリ君を選んだことも、マー君とヒロ君を産んだことも、悔いはない。
私の選択は正解だと思った。
038_convert_20120211235837.jpg
マー君だけを育てているときは不安でいっぱいだった。
余計なことを色々と考えていた。
基本後ろ向きな性格だった。

ヒロ君を産んで一時期は精神的におかしくなりそうな時もあったけど、
落ち込んだおかげで、色々考えたおかげで、色々なことを考えなくなって精神的に前向きになれたような気がする。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://55165516.blog22.fc2.com/tb.php/146-889039a8
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
プロフィール

OOちゃん

Author:OOちゃん
2010/11/17ダウン症の息子をもって自分の気持ちの変化を書きたくて、ブログ始めました。

出産直後は普通ではない子を産んでしまったと、かなり落ち込み、障害という未知の世界に不安を感じ、闇の中にいるようでした。
当時は元気になんかなれないと思っていました。

他人と比べない。
周りとうまくやるには、自分は世の中の「普通」ではない少数派なんだと自覚をする。
幸か不幸かは誰にどう思われようと自分の心次第。

上記を考えるようになって段々と心が回復し、3年後には障害のある子がいる生活が私の普通になりました。
心が鍛えられたせいか、ちょっとのことでは動じなくなり、落ち込まなくなりました。

今はとても楽しく生活しています。

カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも一覧
最新コメント
ブロとも申請フォーム
リンク
検索フォーム
FC2カウンター