ヒロ君、ことばの教室に初めて行ってきました。
私が仕事をいっぱい休まなくていいようにマー君とヒロ君を同じ日にしてもらいました。
が、先にマー君をやって、その後ヒロ君だったので、始まる時にはもう眠くなってしまっていました。
ヒロ君は人見知りで先生に慣れず、泣いてばかりでした。
マー君も同じ部屋にいるので、なかなか集中して話を聞くことができませんでした。

そこで親の会の先輩2人と会いました。1人はニコニコさんでした。
病院やこういう機関で会ったりすると、身内のような感覚があります。
安心感があり、ホッとします。
045_convert_20120601203333.jpg
午後は療育手帳の申請の為、児童相談所に行ってきました。
色々な質問に答えて、判定は重度でした。

親の会でヒロ君よりも発達が早い子が重度だと聞いていたので、たぶんうちも重度だろうと思っていました。
係の人が判定が「重度」と言いづらそうだったので、親の会で聞いているので大丈夫ですよと言ったら、言いやすくなったのか「重度です」と言われました。

最初にダウン症と言われたときに落ち込みまくっているのと、普通に育つわけがないと後ろ向き考えが強いので、ショックはありませんでした。

ただ、普段から落ち込まないように防御しているのか、自然と他の子と比べるようなことはしていません。
ヒロ君の年齢も、他の子の年齢も気にしないで生活を送っています。
が、この面談で1歳6カ月の子がどれくらいできるのか意識をしてしまいました。
「あぁ普通の子はこんなことができるのかぁ」と思いました。
ものすごい差があるんだということがわかりました。

最近はヒロ君が可愛いので、ダウン症だという意識が薄くなっていました。
今回のことで再認識した感じです。
少し初心に戻った感じがして、気が引き締まった感じがします。
042_convert_20120601203309.jpg

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://55165516.blog22.fc2.com/tb.php/172-073eb386
トラックバック
コメント
凄いねー!ほんと、短期間で気持ちが凄く良い方に向かってて
こうやってOOちゃん みたいに頑張っていこうって人を見てると
俺自身も頑張ろう!って元気をもらえます!
28. Wドラゴンのパパ | 2012-06-08 13:16 | 編集
いつもありがとうございます。

回復・受入れの段階を少しずつ進んでいるような気がします。
前は他の子と比べると落ち込むから見ない!比べない!って思ってました。
今は少し段階が進んで、比べても落ち込まないので、遅れを改善する方法を見つけようと考えることが出来るようになりました。

前は頑張ったって結果は一緒なんてふてくされた考えを持っていましたが、やれるだけのことはやろうと思えるようになりました。
27. OOちゃん | 2012-06-07 13:19 | 編集
ヒロくん、可愛~!

うん、うん、健常者の同じ歳の子がどれくらいの発達か知るのも良いことだと思いますよー

それを知った上で、このくらいまで近づけてあげたいとか家は思ったりします。

その差を埋めてあげれるのは、○○ちゃん一家だと思います。

大丈夫!今の気持ちがあれば沢山色んな事を乗り越えていけそうな気がします!
26. Wドラゴンのパパ | 2012-06-06 00:12 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
プロフィール

OOちゃん

Author:OOちゃん
2010/11/17ダウン症の息子をもって自分の気持ちの変化を書きたくて、ブログ始めました。

出産直後は普通ではない子を産んでしまったと、かなり落ち込み、障害という未知の世界に不安を感じ、闇の中にいるようでした。
当時は元気になんかなれないと思っていました。

他人と比べない。
周りとうまくやるには、自分は世の中の「普通」ではない少数派なんだと自覚をする。
幸か不幸かは誰にどう思われようと自分の心次第。

上記を考えるようになって段々と心が回復し、3年後には障害のある子がいる生活が私の普通になりました。
心が鍛えられたせいか、ちょっとのことでは動じなくなり、落ち込まなくなりました。

今はとても楽しく生活しています。

カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも一覧
最新コメント
ブロとも申請フォーム
リンク
検索フォーム
FC2カウンター