半年前にまだまだと思うときを書きました。

その時に妊娠報告してきた友人が、昨日出産報告メールをくれました。

やっぱり何かモヤッとしたものはまだまだ心にありました。
返信するときに、やっぱり言葉を選んでいました。
結局「●●ちゃん似だね」・・・オメデトウはやっぱり書きませんでした。

そして添付してある写真を見ると「普通の子だな」と顔をチェックしていました。
意識してではなく、無意識にこういうことをしていました。

今は毎日楽しく生活を送れています。
ダウン症について考えることも少なくなりました。

でも・・・
まだまだ妊娠・出産というワードは苦手です。
芸能人とかのでも、あまり聞きたくないです。

なんでこんなに妊娠・出産て言葉が嫌なんだろうと考えてみました。

ヒロ君のことは少しずつだけど受け入れられてきて、可愛いと思えています。
この先に不安はありますが、今は家族の一員だと思えています。

ヒロ君を受け入れるとか、そういう問題ではなく、自分の妊娠中・出産を思い出すのが嫌みたいです。

あの時のあの衝撃。
あの情景
あの感情。

どんなにヒロ君を可愛く思えていても、あのショックだったことは事実で、良いエピソードに変わることはないでしょう。
あの時のことを思い出すと、とても切なくなります。

まだあの日から1年半しか経っていません。
少しずつヒロ君を受け入れられてきたように、あのショックだった記憶も少しずつ薄れてくれると思う。

これから年月が経ち、あの記憶が薄れれば。
薄れて、妊娠・出産という言葉に反応しなくなれば。
もう少しマシな返信メールが送れるかな。

まぁもう少し年とったら、年齢の近い友人が出産することはなくなるから、刺激されることもなくなるような気がするけど・・・

*****************************************************************

ヒロ君とお風呂に入るときに話しかける。
「いつも笑ってくれてありがとう」
だけになりました。


「不便な体に産んでしまってごめんね」(病気になったときは思うけど、常には思わなくなった)
「ママ強くなるからもう少し待っててね」(泣かなくなったので少し強くなったので、思わなくなった)
「皆で一緒に頑張ろうね」(これはたまに思う)
が減りました。

半年でだいぶ変わった気がする。
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://55165516.blog22.fc2.com/tb.php/180-49004b7a
トラックバック
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
38. | 2012-07-23 22:24 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
プロフィール

OOちゃん

Author:OOちゃん
2010/11/17ダウン症の息子をもって自分の気持ちの変化を書きたくて、ブログ始めました。

出産直後は普通ではない子を産んでしまったと、かなり落ち込み、障害という未知の世界に不安を感じ、闇の中にいるようでした。
当時は元気になんかなれないと思っていました。

他人と比べない。
周りとうまくやるには、自分は世の中の「普通」ではない少数派なんだと自覚をする。
幸か不幸かは誰にどう思われようと自分の心次第。

上記を考えるようになって段々と心が回復し、3年後には障害のある子がいる生活が私の普通になりました。
心が鍛えられたせいか、ちょっとのことでは動じなくなり、落ち込まなくなりました。

今はとても楽しく生活しています。

カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
ブロとも一覧
最新コメント
ブロとも申請フォーム
リンク
検索フォーム
FC2カウンター