上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日(12/5)、上司に報告することができました。

昨日、同じ部屋で長く働いている良識のある女性(50代)に相談をして、助言をもらいました。
女性特有の悪口みたいな報告はしないように気をつけました。

仕事についての報告と提案をしました。
淡々と被害者の方が話していたことをメモに箇条書きにして、話すことを整理して、言葉で報告しました。

・対応が怖くて仕事の依頼ができない
・無視をされる
・仕事は一応してくれるが、仲のいい時ほど早くはやってくれない
・遊びの誘いを断ってから態度がおかしくなった
・他の人がいるときは感じよく受けてくれるが、人がいない時に怖い態度を取る
・機嫌が悪いと思ったが、1年くらい続いている
・直接依頼は怖くなってメールで依頼をしたがなかなかやってくれなかった
・偉い人の名前を入れるとやってくれるといううわさがあるので、入れてみたがダメだった
・他の人にはニコニコなので、誰にも分かってもらえず、精神的におかしくなり、最近は人間不信になっている
・仕事をしてもらえなかったら、上司に直接苦情として言うつもりだった

自己愛が被害者にしていることを話したときに、少しだけビックリしたようでしたが、職場で来る人来る人みんなに友達みたいに仲良くしていて、おしゃべりばかりしているところは気になっていたみたいで、何となくはわかっていたみたいでした。
少しだけ私が自己愛が怖いので仕事に手を出せないことを伝えました。
わかってくれていました。
女の面倒な世界のこともわかっていてくれました。
男の世界も大変だけどねと言っていましたが。

今回の目的は自己愛を辞めさせることではなく、上司に私とペアを組んでいる相手が少しおかしいことになってきていることを知らせたかったので、とりあえず今回の目標は達成できました。

何かが変わったわけではないけど、上司が知っていてくれていると思うと、気持ちが楽になり、働きやすくなるのと、自己愛に対しても、もう慣れているので、可哀相な人だと哀れんで見ることができます。

最近は、自己愛を見ていると私が持っているものを何も持っていない。
頼れる親、優しい旦那、可愛い子供、心から話せる友人、信頼できる職場の仲間。
本当に可哀相です。
ガツガツ友達を作ろうとしているのも、今まで誰にも必要とされないから、愛情・かまってもらいたい欲に飢えているんだと思う。
嘘をついてまで、皆に好かれているという話を被害者にしていたのは本当に可哀相だと思えました。
願望が嘘をうみだしているのかもと思うと心が歪んでいて、犯罪に走られないように気をつけないとと思います。

後天的に自己愛性人格障害になってしまったのかもと思うと、可哀相と思いますが、情けをかけると私に害が来るので、情けをかけてはいけません。

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://55165516.blog22.fc2.com/tb.php/310-cb8cdeab
トラックバック
コメント
質問に答えてくれて、ありがとうございます。

治ることはないけど、軽くはなるんですね。
あなたみたいに指摘されて、ちゃんと状況を理解してくれればいいですが、職場の自己愛に指摘するのはちょっと怖いです。攻撃されそうで。

親として息子たちを不便な身体に生んでしまったことを申し訳ないって思っているので、そんなに恨んでいないようでよかったです。普通の人でも気分の悪いときは親を恨んだりすると思うので。

私も二人の息子もあなたも、この先ずっと幸せでいられるように、頑張りましょうね。
何とか自分たちなりに快適に生活を送れるように工夫をして生きていきたいです。
325. OOちゃん | 2014-04-07 09:54 | 編集
自覚した時点で症状はそれなりに治まっていますよ。感情の浮沈が激しいのと自分を持ち上げないと不安になるのは相変わらずです。それに、前述した通り「した後に気がつく」事が多いですね。

あ、それと自己愛性人格障害は治る事はない物ですが軽くする事は出来る物ですよ。本質が大して変わらないだけである程度対人関係がマシになったり、どう言い表せばいいのかわかりませんが例えてみるなら精神年齢が若干上がる?という感じです。
確かにここまでくると若干嘘っぽく見えますよね、紛らわしい事してすみません。

親に対しては、正直よくわからない気持ちです。気分がいいときは何とも思わないけど気分が悪いときは本気で恨むような感じです。

誰にだって幸せになる権利はあるんです。あなたやあなたの二人の息子さんだって例外じゃありません。幸せになるチャンスがあるんだ、と信じて頑張りましょう(ちょっと無責任な事書きました すみません)

私もそう信じて頑張ってきた結果、こうして冷静に自分のしてきた事を(本質はそこまでかわらないものの、ある程度は)悔い改める事が出来ましたから。

長々と失礼しました。ちょっと疲れててかなりヘタな文章になってると思います。
324. | 2014-04-05 17:06 | 編集
色々と教えていただいて、ありがとうございます。
とても参考になりました。

まわりに変だと指摘をされて気がつけたんですね。
気が付けるだけでも軽症な気がしちゃいますが。
そういえば、職場の自己愛に最初の頃「私って怖いかな?」って言われたことがありました。
その時は障害だと思っていなかったのでハッキリと言えませんでした。
なんとなく気が付いているのかなって思いました。

> 親は母が過干渉、父親が無関心(に近い状態、別居)でした。

別居が大きい影響を与えているのですか?
親に対して、どういった感情をもっていますか?

> 自己愛性の人は、自分に自信がないため常に自分を持ち上げないと自分を保てない物です。自信を持っているようで、自分の言ってる事すら信じられない物です

2・3年、彼女のことで悩み、観察・分析をしてきたので、この内容もとてもよくわかります。
自信があるように強気に見せているけど、実はかなり弱い人なんだろうなって思っています。

> それらは防衛本能から来るものなので、その行動を邪魔したら自分の中で自分の中で一時的に「敵」にしてしまうんです。そして「敵」をある程度攻撃して気が済んだらまた自分の中で「友達」に戻す物です。

これもとってもよくわかります。
私を敵だと思っていた時と、思っていない時の差が激しくて、意地悪だったのは気のせいだったのかな?って思ってしまうくらい態度が違います。
そこで気を許すとまた痛い目にあったので、もう気を許すことはありませんが。

自分のいいなりにならない人は敵になるみたいですね。
すぐに顔や態度に出るので怖いです。
20代の若い子たちは何回断っても誘ってくるところ、もめたのに何事もなかったようにニコニコで近寄ってくることを怖がっています。
嘘をついて噂を広めるところも怖いです。

> あなたの生活もかかっているそうですし、やはり無理に友達にする必要はありません。向こうにそう思わせておけば、そこまで被害はないでしょう。

ここまで助言してくれて、ちゃんと自分を冷静に分析できているのに自己愛性人格障害なんですか?
こうやって話し合えるのだから、あなたなら治るかもしれないと思ってしまいます。

> それにしても、異常人格者にでも「かわいそう」って思える優しさは本当にしっかりしていると思いますよ。中々同じような考え方を持った人はいませんよ。

私には発達障害とダウン症の息子がいます。
色々悩み、色々調べまくった時期がありました。
私自身も他人ともめることはありませんが、変わった性格をしているので、発達障害だったかもと思っています。私の場合は生活で困ることがないので個性の範囲で済んでいるんでしょうけど。

職場も研究所なので変わった方がたくさんいる環境で働いているので、慣れているということもあるでしょうね。

ダウン症の次男よりも発達障害の長男のほうが普通の世界で生きていくしかないので、大変だと思っています。
普通に見えて、少し普通からずれている長男がこの先、色々と悩みが出てくるんだろうなと覚悟しています。

うちの子たちは、先天的な障害なので、もう仕方がないと諦めるしかないですが、あなたは産まれてきた時は普通だったのかもと思うと「もったいない」「かわいそう」という気持ちが出てきてしまいます。

そして、親も子も選べない。
障害も運だと考えています。
誰も障害者になりたくてなったわけではないということを知っているので、単純に異常人格者を責める気にはなれないです。

若い頃の私だったら「かわいそう」という感情はなかったかもしれません。
障害のある子供を産んだことで、あなたのような人もいると理解できる自分になれたことは子供に感謝したいです。

親の育て方ってどこまで子供に影響を与えるのだろうと考えさせられます。
親の育て方で変わるのなら、少しでも良い影響を与えられるように頑張りたいと思いました。
323. OOちゃん | 2014-04-05 13:43 | 編集
親は母が過干渉、父親が無関心(に近い状態、別居)でした。
自覚したきっかけは自分が普通だと思ってた事が周りに取って「変」なのを指摘された事と、ネット上で悩みの相談をした時指摘された事ですね。
ただ、自覚した所で治りはしませんでした。自分がした事に後から気がつくような感じです。

その職場の方も、多分自分では「こんな事普通」と思っているんじゃないかと思います(前の私のように。なんとなく、「変かなぁ…?」と思っているかもしれませんが)

自己愛性の人は、自分に自信がないため常に自分を持ち上げないと自分を保てない物です。自信を持っているようで、自分の言ってる事すら信じられない物です(自覚してないだけで)。私がそうでした。今もそうですけど…。例えるなら、「皮膚の下は何もないから皮膚だけでも綺麗に整えないと崩れ落ちる」という感じです。

それらは防衛本能から来るものなので、その行動を邪魔したら自分の中で自分の中で一時的に「敵」にしてしまうんです。そして「敵」をある程度攻撃して気が済んだらまた自分の中で「友達」に戻す物です。

感情の浮沈が激しく、「嬉しい時」と「ネガティブな時」にしか感情が分けられてないのと同じです(初めて会った時淡白な人物に見えるのもそのためです)。

あなたの生活もかかっているそうですし、やはり無理に友達にする必要はありません。向こうにそう思わせておけば、そこまで被害はないでしょう。

以上は私がわかる限りの症状です。要は自分が自覚した事を長々と書いているだけですが、少しでも何かのお役に立てたら幸いです。
それにしても、異常人格者にでも「かわいそう」って思える優しさは本当にしっかりしていると思いますよ。中々同じような考え方を持った人はいませんよ。
322. | 2014-04-05 10:01 | 編集
自己愛だと自覚している方からのコメント、ありがとうございます。
自己愛を悪く書いているので、ちょっとビックリしてしまいましたが、自覚されている方もいるんですね。
自覚されているということで、いっぱい質問したくなっちゃいます。
やはり親は過干渉か構わない親だったんですか?
どういったことで自覚していったんですか?


職場の自己愛のことですが、職場の自己愛が人を傷つける言葉を言った後、私が怒っても「なんで怒っているの?」みたいな顔をします。私を怒りやすい人だと思っているみたいです。

自分より下の皆が離れていっていることも、薄々は気が付いていそうな感じはするんですが、目上の人や異性には媚ているので、友達は多いみたいなので、それなりに過ごせているみたいです。

自己愛は媚びることができて、私はまっすぐな人間で媚れないので上には好かれず年下や立場の低い友人が多いです。
友人の種類からして油断をすると私の立場のほうが危険になるので、油断はできない状態です。

最近は彼女が優越感を感じられる言葉を選び、仕事も彼女はできて、私はできないというていで話をしているので、仲いい風に過ごせているので、それでいいやって思っています。
単純に1日平和に過ごしたいです。
私も生活がかかっているので、今の職場にいたいので、考えた対策です。

なんか自覚されている方からしっかりしていると言われて、嬉しくていっぱい書いてしまいました。

321. OOちゃん | 2014-04-05 07:58 | 編集
じゃあ誰が…
のコメントを書いた者ですが、なんというかあなたはしっかりしている人だと思いますよ
実は私も自己愛性ですが(自覚済み、その内心療内科に通う予定)、今までの経験から言って「関わらない」方がいいと思います。
そういう人を助けられるのはカウンセラーなどの専門の人だけです。何も無理して仲良くなったりする必要はないと思いますよ。

あ、後敬語忘れててすみません(深夜ってテンション高くて何するかわかりませんね…)
320. | 2014-04-05 05:49 | 編集
そうですね。
発達障害の息子をもっているので、単純にムカつくという感情だけではありません。
最近は慣れてきたので可哀相という感情もあります。
どうしてこんな変な性格になってしまったんだろうと考えさせられます。
自己愛の原因など調べましたが、親の育て方だということも書いてありました。
過干渉や構わな過ぎ等、色々原因はあるんでしょうね。
自分の息子がそうならないように気をつけようとは思いますが、やはり関わると被害にあうので、職場の自己愛を助けようとは全く思えません。
攻撃する気もありませんが、関わることが怖いです。
319. OOちゃん | 2014-04-04 08:07 | 編集
じゃあ誰がそういう人達を助けるんだ?
今助ける必要があるのは被害を被る人ではなく加害者の方だと思う

加害者の方も理由があってそういう性格になる場合がある。それは本人の責任じゃない。

もちろん自己愛の人がした事は裁かないといけないし許しちゃいけないけど罪を憎んで人を憎まずとも言うし一番憎むべきなのはそういう人に育てた親。
318. | 2014-04-03 21:53 | 編集
ありがとう。

私、今まであまり人付き合いで悩んだことがありませんでした。
自分で言うのもなんですが、男っぽいので周りの女の人よりは冷静だと思うし、感情的にはならないし、人間観察が好きなので、人をみる目があるほうだと思っています。
自分が見た目がきついことで差別を受けたりしたので、いい人そうな人ほど気をつけるようにしています。
皆に嫌われている人でも、自分に害がなければ仲良くしています。

去年が一番悩んでいました。
この人が、ずる賢い人だと大変だったけど、賢くはなかったんで良かったです。
最近は周りの人達が気がついてきていることが知れて気が楽になりました。
ヤツのコツも掴んできたので今は快適に仕事ができています。

障害児を育てていると、身体だけではなく精神など、色々な障害があるんだなって考えさせられますね。
297. OOちゃん | 2013-12-09 11:19 | 編集
そういう性格だと、〇〇ちゃんの言うとおり、通常の人間関係が築けないから、心から付き合える人間に出会えないし、必死で探しても相手が近寄ってくれないですよね。

最初は仲良くなってもすぐにバレてしまうだろうし…

今回の件で、〇〇ちゃんのペアの人がこんな人だってわかってもらえただけでも進歩ですね。

これから先どうなっていくんだろう。

〇〇ちゃん、本当ならノイローゼになってもおかしくないようなポジションにいるのに、そうやって自分の中でちゃんと収めきってるってすごいなって思います。なんだか理路整然としていて、さすがって思います。
292. さんこん | 2013-12-06 23:28 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
プロフィール

OOちゃん

Author:OOちゃん
2010/11/17ダウン症の息子をもって自分の気持ちの変化を書きたくて、ブログ始めました。

出産直後は普通ではない子を産んでしまったと、かなり落ち込み、障害という未知の世界に不安を感じ、闇の中にいるようでした。
当時は元気になんかなれないと思っていました。

他人と比べない。
周りとうまくやるには、自分は世の中の「普通」ではない少数派なんだと自覚をする。
幸か不幸かは誰にどう思われようと自分の心次第。

上記を考えるようになって段々と心が回復し、3年後には障害のある子がいる生活が私の普通になりました。
心が鍛えられたせいか、ちょっとのことでは動じなくなり、落ち込まなくなりました。

今はとても楽しく生活しています。

カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。