今朝は立哨当番でした。
マー君たちの班は遅いので、最後でした。
やっとマー君の班が来たなと思ったら、班から離れて歩いていました。
顔を見ると泣いていました。
どうしたの?と聞いても、同じ班の子達は冷めた感じで何があったのかも誰もわかっていないみたいでした。
少しなだめるのに、班の子達には先に行ってもらいました。
理由を聞くと、班長さんの後ろにつこうとしたら、男の子に邪魔されたと泣いていました。
親の会の先輩が通りかかってくれたので事情を話したら、マー君を学校まで連れて行ってくれました。
先輩にはいつも色々助けてもらっていて、ありがたいです。

が、マー君の泣き顔が気になって、気持ちがモヤモヤして、泣きたくなりました。
気持ちを落ち着かせる為に色々考えた。
発達障害なんだから仕方がない。
保育所のときに比べたら良くなっている。
脳症になったんだから、ここまでこれただけでもすごいことなんだ。

家に帰ってヒロ君の顔を見たら泣いてしまいました。
この先、障害のあるこの子達はいじめにあうのかな。
どんないじめにあうのかな。
私はこの子達を守れるかな・・・もっと強くなって守らなきゃと考えました。

先輩から、すぐに泣き止んで教室に入るところまで見送ってくれたとメールをもらいました。
いつもは元気に副班長さんとお話しながら登校していると、普段の状況も教えてくれました。
マー君も今朝だけだと言っていたので、今朝だけのことだと少し安心しましたが、朝からテンションが下がり食欲もなく、職場に来ました。
少しは学校でもまれて強くなってほしいと思ってはいるけど、泣き顔が最後なので、早くマー君の顔が見たいです。

最近は特に何もなく平和に過ごせていたけど、久々に切なくなりました。
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://55165516.blog22.fc2.com/tb.php/341-dc85919c
トラックバック
コメント
あれから少しもめましたが、今は大丈夫です。
もめた話はブログに書きますね。

昔は大変だった~って言えたらいいなーって、ずーっと思っていますね~。
その思い・希望を持つことでここまで頑張れたな。
ノリ君ともそう言える日がくるといいねとか、そう言えるように頑張ろうねと話したこともありました。

何もないときは発達障害だけど…まあまあやれているって思えても、マイナスなことが起こるとどうしてもあの脳症になった日や保育所での嫌な記憶がよみがえってきてしまいます。

> マー君、優しい子だから、何気ない一言や態度で傷ついてしまうんでしょうね…

そうなんですよねぇ。
親の私が見ても少し大げさなんですよね。
そんなことで泣くか?ってことで泣くので、とっても気にし屋なんですよね。
大げさなので、やられたことを聞いても「??」って思うこともあるので、マー君の受け止め方次第だと思って、大げさに騒いだりはしていないんですけど、やっぱり泣かされているのをみるのは辛いですね。
363. OOちゃん | 2014-10-07 11:37 | 編集
読んでいて辛くなってしまって、なかなかコメントできませんでした。

あれから登校大丈夫ですか?

先日、友達宅でBBQをしたのですが、そこのお子さんがすごく明るくて社交的だけど、ちょっと泣き虫さんなんですよね。そこがかわいいと話していたら、昔は大変だった~って苦労話をしてくれました。その男の子はちょっとのことで感動して泣いたり、応援中に熱が入りすぎて泣いたりしてたので、ホントに優しい子でその泣く姿がホントにかわいくて、そう話したんだけど、友達の苦労を聞いてびっくりでした。

集団登校も行けないし、学校でも対人恐怖症で泣いてしまう。ちょっとでも冷たくされたり、わざとじゃなくても無視した形になったらもう学校も行けない。泣いて家に戻って来る…集団登校が平気になったのは3年生だったとのことでした。1年間はずっと学校まで友達が付き添って行っていたと聞いてびっくり。2年生の時も半分ぐらいは付いて行っていたし、いつも学校からの電話で迎えに行ったりもしていたみたいで、働くこともできず、ずっと家にいるか携帯が離せなかったって。

今は5年生で、副班長などもして、明るくてそんなことがあったなんて想像もできない子なんだけど、いつも泣き顔で別れるから辛かったって言ってました。

障害があるから…とかじゃなくて、どの子でもやっぱり気持ちの優しい子や苦手な部分もあると思うんですよね。だから、マー君が発達障害だから…ってあまり思い過ぎずに長い目で接してあげてみたら、〇〇ちゃんの気持ちも少しは楽になりませんか?

マー君、優しい子だから、何気ない一言や態度で傷ついてしまうんでしょうね…
でも、確実に成長していくと思います。
子供の可能性ってすごいと思うから。

あの頃は大変だったけど、今はホントしっかりしたね!

という言葉をマー君には絶対かけてあげられる未来があると私は思います。うちはそれは無かったけど、違う意味でその言葉を今かけてあげられるようになったので、いつかきっと…

二人とも辛い時もあるけど、頑張って☆
361. さんこん | 2014-10-06 11:11 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
プロフィール

OOちゃん

Author:OOちゃん
2010/11/17ダウン症の息子をもって自分の気持ちの変化を書きたくて、ブログ始めました。

出産直後は普通ではない子を産んでしまったと、かなり落ち込み、障害という未知の世界に不安を感じ、闇の中にいるようでした。
当時は元気になんかなれないと思っていました。

他人と比べない。
周りとうまくやるには、自分は世の中の「普通」ではない少数派なんだと自覚をする。
幸か不幸かは誰にどう思われようと自分の心次第。

上記を考えるようになって段々と心が回復し、3年後には障害のある子がいる生活が私の普通になりました。
心が鍛えられたせいか、ちょっとのことでは動じなくなり、落ち込まなくなりました。

今はとても楽しく生活しています。

カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも一覧
最新コメント
ブロとも申請フォーム
リンク
検索フォーム
FC2カウンター