この間の入院のときに、記入するものがあって、首すわり、座位、つかまりだち、一人歩きなどを記入する項目があった。
全く何も覚えていない。
というか、ヒロ君の成長を気にしないようにしていたのもあるけど、頭にその情報は全くなかった。
病院にかかっているときは身長・体重は計っているけど、成長については何も書いていなかった。
他人と比べると辛くなるからっていうこともあったと思う。
まぁ、ここまで回復するまでは、かなり辛いことだったから、仕方がないか。
この手術をどう受け止めたかとかの質問にも、なんて書いたらいいのかわからず「普通に」と記入した。

隣のベットの人と帰り際に少し話をした時に
相手「もう退院ですか?」
私 「今回は脱腸なんでね。1泊って言われてたので気楽です。」
相手「昨日から対応とか手術したのに落ち着いていますね」
私 「あぁこの子ダウン症なんです。上の子も状況のよくない入院だったし、今回はほんと気が楽だからかな」

いつの間にか入院慣れしていた。
気持ちも態度も、ひどいのを経験したせいか、自然と落ち着いていたんだと思う。
入院では、やっぱりマー君の脳死といわれてしたときが1番辛かった。
いつ退院できるのか、マー君の状況はどうなるのか、毎日検査の結果が出るのが合格発表のような日々でした。
心が落ち着かず、食欲ないし、寝れないし。

そんな入院生活に比べたら、今回は家事をしなくて済むーって思ってしまったくらいです。
やっぱり自然と障害児の母になってきているんだなと思いました。
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://55165516.blog22.fc2.com/tb.php/348-9e35376a
トラックバック
コメント
障害児の親でもきちんと成長記録を書いている人もいるんでしょうけどね。
私にはできませんでした(笑)
できないことは無理にしなくてもいいやって感じです。

気持ちが回復した今でも成長を記そうとは思わないですね。
ヒロ君にはヒロ君のペースがあるから、もう標準を意識することが無駄に感じてしまいます。
健常児は標準が重要なのかもしれないけど…。

まさか自分が障害児の母になるとはねぇ。
全く思っていないですよね。
なったらなったで、最初は戸惑って精神的にもきつかったけど、納得してからは障害児のいる生活が自分の普通に感じます。

373. OOちゃん | 2014-10-25 17:47 | 編集
状況は全然違うけど、私も書いてないです。

首は多分もう座ってると思うんだけど、いつ?ってわかんない(笑)

それ以後は今もできないから書けないのは事実だけど、記録に残そうとしなくなったっていうのもあるかな…

障害児の母って絶対になりたくなかったのだけど、なってしまったら、受け入れて納得するまでにかなりの時間と葛藤があったけど、今は大きな気持ちでいられる。〇〇ちゃんと同じ心境です。
370. さんこん | 2014-10-25 00:07 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
プロフィール

OOちゃん

Author:OOちゃん
2010/11/17ダウン症の息子をもって自分の気持ちの変化を書きたくて、ブログ始めました。

出産直後は普通ではない子を産んでしまったと、かなり落ち込み、障害という未知の世界に不安を感じ、闇の中にいるようでした。
当時は元気になんかなれないと思っていました。

他人と比べない。
周りとうまくやるには、自分は世の中の「普通」ではない少数派なんだと自覚をする。
幸か不幸かは誰にどう思われようと自分の心次第。

上記を考えるようになって段々と心が回復し、3年後には障害のある子がいる生活が私の普通になりました。
心が鍛えられたせいか、ちょっとのことでは動じなくなり、落ち込まなくなりました。

今はとても楽しく生活しています。

カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも一覧
最新コメント
ブロとも申請フォーム
リンク
検索フォーム
FC2カウンター