11/17、ヒロ、5歳になりました。

あれからもう5年も経つんだなぁって思いました。

告知直後から断定までが1番きつかった。
これから大変なことが始まると思って不安で、もがき苦しんで泣きまくった。

断定から半年も障害児の親という未知の世界に不安があった。
思い描いていたこと、子供に期待していたこと、学校・恋愛・就職・結婚・出産・自分の老後など、色々なことを諦めれば楽になるとわかった。
この諦めが大きい気がする。

半年から1年はゆっくり受け入れることに専念した。
友人たちの子供と比較をしないように関わりを少なくするようにした。

1年から2年は受け入れられてきたけど、刺激があれば泣いていたかな。
2年過ぎからやっと心が回復して、物事を深く考えないようになった。

出産直後は落ち込みすぎて精神的にもおかしくなってしまいそうなほどでした。

障害児の親になって5年。
どん底から自分の心の変化を書きたくてはじめたブログ。
今は悩みがなくて書くことがないくらいです。

色々な感情を経験して、落ち着いたって感じかな。

ヒロが普通でも普通じゃなくても、ヒロはヒロ。

ヒロを可愛いと思えていることは、とても幸せなこと。
一時はいなくなって・・・なんて思ったことを今は後悔している。

これから先も不安はあるけど、それは健常な子だって同じこと。
心配症だった私が、ヒロのことで、だいぶ楽観的になってきた。
あまり先のことを考えないようになった。

基本は「なるようにしかならない」という考えです。
いつ何が起こるかわからないから、やりたいことはやる、やりたくないことはやらない、努力できるときは努力する、頑張れることは頑張るし、頑張れない時は頑張らない、何が起きても運だと思って受け入れる。
スポンサーサイト

2015-11-17 23:13 | 5歳 | COM(2) | TB(0) |
トラックバックURL
http://55165516.blog22.fc2.com/tb.php/381-48287e14
トラックバック
コメント
ありがとう!
踊っている姿かわいいでしょ(笑)
最後の照れ顔も!
最近スマホデビューして慣れてなくて横向きでゴメンナサイ。

やっぱりさんこんさん、心境の変化わかってくれます?

こればっかりは同じような経験している人にしかわからないことだから、
共感し合える人が少ないから嬉しい。

未知の世界ってホントに不安だった。
慣れって何でも必要だなって思います。

人それぞれの人生。
そう思います。

何があっても乗り越えて楽しく暮らせていけるたくましさが自分にあってよかったって思います。
周りの環境や自分を育ててくれた親とか自分の性格にも感謝しています。

親の会の仲間も大体の人は同じように乗り越えている人も多いけど、
人によってはまだ落ち込んでいる人もいるかもしれないから。

> とにかくみんなが明るく元気で笑っていられる生活が続くことが本当の幸せなんだなって思えるようになったよね。どんな背景があったって、笑顔は笑顔だもん。

笑えるって本当に幸せなことなんだって思う。
あの落ち込んでいる頃は精神状態が悪すぎて笑うことができなかったから。
あの頃は寝る時だけ色々なことを考えないですんだから、寝る時だけが楽だった。

自分も含め家族が笑っていられるように頑張って生きる!が自分の人生の課題です。

なんて何も起こっていない友達に話しても話が重くて引かれるけどね。
そういうことも今では理解して周りとのバランスもうまく取ることもできるようになったのも成長って思う(笑)
402. OOちゃん | 2015-12-12 19:07 | 編集
ヒロくん!お誕生日おめでとう(*^_^*)

4分の一成人式ですね(笑)

踊っている姿がなんともいえないほどかわいい!ちゃんと次の展開を知ってるところもすごい!上手って言われてちょっと照れてる顔もツボですねぇ~。

〇〇ちゃんの心境の変化もすごくわかります。

最初は障害児の親っていうレッテルがすごい重かったですよね。自分がそうなるなんて思ってもみなかったことだし…

でも、障害児の親5歳!私は10歳!(笑)

人それぞれの人生なんだなって思います。

とにかくみんなが明るく元気で笑っていられる生活が続くことが本当の幸せなんだなって思えるようになったよね。どんな背景があったって、笑顔は笑顔だもん。
401. さんこん | 2015-12-12 10:45 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
プロフィール

OOちゃん

Author:OOちゃん
2010/11/17ダウン症の息子をもって自分の気持ちの変化を書きたくて、ブログ始めました。

出産直後は普通ではない子を産んでしまったと、かなり落ち込み、障害という未知の世界に不安を感じ、闇の中にいるようでした。
当時は元気になんかなれないと思っていました。

他人と比べない。
周りとうまくやるには、自分は世の中の「普通」ではない少数派なんだと自覚をする。
幸か不幸かは誰にどう思われようと自分の心次第。

上記を考えるようになって段々と心が回復し、3年後には障害のある子がいる生活が私の普通になりました。
心が鍛えられたせいか、ちょっとのことでは動じなくなり、落ち込まなくなりました。

今はとても楽しく生活しています。

カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブロとも一覧
最新コメント
ブロとも申請フォーム
リンク
検索フォーム
FC2カウンター