CTでムカつく無駄な時間がかかり、結果が出るのに時間がかかり、やっと呼びだされた。

鼓膜は大丈夫だったけど、もっと奥の中が詰まっているということだった。
チュービングの手術をすることになり、前検査の予約、手術・入院の説明を聞いて予約をしてきた。
12時に病院に行ったのに、家に帰ってきたのは17時だった。疲れた・・・

手術の前の聞き取りで、肺炎になったのはいつか聞かれて、3歳の時と答えてしまった。
自信がなかったので、ブログを確認したら1歳の時でした。
3歳は脱腸の入院でした。
精神的につらい時期の記憶がないので、ブログを書いておいてよかったって思います。
なので、今回もちゃんと書いておこうと思う。

11/30(水)血液検査、尿検査、心電図、胸部レントゲン。
12/12・13・14(月〜水)に2泊3日の入院。手術は12/13。


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://55165516.blog22.fc2.com/tb.php/413-96dbf894
トラックバック
コメント
もうね。ビックリでしたよ。
CTの部屋が1つしかないのに、時間がわからない入院患者先に入れちゃうの(呆)

手術、軽いものでも麻酔とかあるから少し心配があります。
が、少しでも耳が良くなってくれて、ヒロと会話をしてみたいって思いでやることに決めました。
2年前は話せるかもわからなかったから、ふん切れなかった。
思い立ったのも運かな。

入院、付き添いなんです。
職場はありがたいことに理解してくれている人たちなので、甘えさせてもらってます。

家のほうパパが勤務を調整できるのと、実家が車で5分くらいで近くなので、親も頼って何とかって感じです。
介護の仕事、平日にパパが使えるので、今思うとサラリーマンから介護に転職したのも、よかったのかなって思います。

> あ、ブログって便利ですよね!
> 私もよく思います(笑)
> 記憶じゃ絶対無理だから~ww

全然無理ですよー。
全然記憶ないもん(涙)
病院関係、公的な手続きの時、役に立つねー!
ブログにも感謝(笑)

423. OOちゃん | 2016-11-22 10:41 | 編集
いろいろ大変でしたね~
病院ってそんなことよくあるよね…ホントむかつく。
小さい子供、ましてや、薬で寝かせてるのに、起きたらどうしてくれるのよ!CTなんて寝てなきゃ撮れなんだぞ!と暴れたいですよね。

手術なんですね~。2泊3日はママは付き添い?
マー君はパパがみてくれるのかなぁ…
うちはパパがいつも忙しいから1泊でも下の子どうしようって露頭に迷ってしまう…
うちゃまが気管切開の手術のとき、義母が2週間来てくれて、だから手術が受けられたってのもあるけれど、付き添いって兄弟いるとほんと、大変ですよね…
2泊3日ぐらいでよかった…
そのあいだに何も問題が起こりませんように。
手術はきっと大丈夫!(^^)!

あ、ブログって便利ですよね!
私もよく思います(笑)
記憶じゃ絶対無理だから~ww
420. さんこん | 2016-11-21 20:03 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
プロフィール

OOちゃん

Author:OOちゃん
2010/11/17ダウン症の息子をもって自分の気持ちの変化を書きたくて、ブログ始めました。

出産直後は普通ではない子を産んでしまったと、かなり落ち込み、障害という未知の世界に不安を感じ、闇の中にいるようでした。
当時は元気になんかなれないと思っていました。

他人と比べない。
周りとうまくやるには、自分は世の中の「普通」ではない少数派なんだと自覚をする。
幸か不幸かは誰にどう思われようと自分の心次第。

上記を考えるようになって段々と心が回復し、3年後には障害のある子がいる生活が私の普通になりました。
心が鍛えられたせいか、ちょっとのことでは動じなくなり、落ち込まなくなりました。

今はとても楽しく生活しています。

カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブロとも一覧
最新コメント
ブロとも申請フォーム
リンク
検索フォーム
FC2カウンター