3/27に卒園式があって、3/31で保育所が完全に終了した。
最後の日、とうとう本当に終わりなんだと思うと寂しかった。
帰り際、泣いている、お母さんもいた。
小規模のアットホームな保育所だったお陰でほのぼのとしていた。

ヒロの卒園は、お友達や先生とのお別れがとても寂しいです。
何回も写真を見たり、先生のメッセージを読んだりして、今までのことを振り返ってます。
5年5ヶ月あっという間で、嫌な経験もなく、大変だったとか、なかった。

マー君のときは、それなりに寂しかったかもしれないけど、やっと終わったって感じだった。
嫌な経験、大変だったことが多かった。
4年8ヶ月、長かった。

記念品でアルバムをもらったので、1歳〜6歳までの保育所での写真を整理して貼ってみた。
マー君のときは特に何の感情もなかったのか、アルバムも見てなかったし、写真の整理もしないで放置状態だったので今回マー君のも整理して貼ってみた。

グレーで障害を受け入れていない、ダウンで障害を受け入れている。
グレーで友達も先生もどこまで手伝っていいのかわからない、ダウンで皆に手伝ってもらう。
グレーで皆と同じようにできないと冷ややかな目で見られる、ダウンで出来なくて当たり前と思ってもらえている。

こんな感じの違いから、私が感じた保育所生活の差があると思った。

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://55165516.blog22.fc2.com/tb.php/432-f6cad096
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
プロフィール

OOちゃん

Author:OOちゃん
2010/11/17ダウン症の息子をもって自分の気持ちの変化を書きたくて、ブログ始めました。

出産直後は普通ではない子を産んでしまったと、かなり落ち込み、障害という未知の世界に不安を感じ、闇の中にいるようでした。
当時は元気になんかなれないと思っていました。

他人と比べない。
周りとうまくやるには、自分は世の中の「普通」ではない少数派なんだと自覚をする。
幸か不幸かは誰にどう思われようと自分の心次第。

上記を考えるようになって段々と心が回復し、3年後には障害のある子がいる生活が私の普通になりました。
心が鍛えられたせいか、ちょっとのことでは動じなくなり、落ち込まなくなりました。

今はとても楽しく生活しています。

カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブロとも一覧
最新コメント
ブロとも申請フォーム
リンク
検索フォーム
FC2カウンター