近所の人達と恒例の流しそうめん飲み会があった。
昼間から夜まで、楽しく過ごした。

夜の部が近所の仕切ってくれている人(K)の家であったので、参加した。
夜中の2時半頃、Kと登校班の話になった。
前々から私が住んでいる場所の運が悪く、登校するコースのことで揉めていた。
一緒に登校している人が、少し我の強い人だったので、その人に合わせて今まで通りのコースを選んだ。
一応ノリ君とマー君とも話し合って決めたことだった。

Kは、「子供の安全なんだから、近所付き合いではなく、親がちゃんと決めろ」みたいなことを言ってきた。
Kは親分肌の面倒見のいい人なのはわかっていた。性格も少しワンマンな感じはあるけど悪いやつではないのもわかっている。

最初は私も軽く受け答えしていたけど、深酒のせいか、絡み方がしつこくなった。
段々ムカついてきて、
「私だってバカじゃないんだから、近所付き合いだけ考えて決めたんじゃない。マー君と話し合って決めている」と反論した。
「子供がじゃなく、親が子供のことを考えて安全を選んでやらなきゃ」と言われ、少し説教じみたことを言ってくるので、
「うちは障害があってグレーな子だから、ヒロよりも悩んでいる。ヒロのことよりも1番になんでも考えている」
「頭ごなしにこうしろ!と言える子じゃないから、うちはマー君の意見を一番優先している」と泣いて帰ってきてしまった。
やり取りが激しかったせいか、周りの人たちが引いているのがわかった。
誰も間に入ってくることはなかった。

飲みの場で、喧嘩するのが初だった。
人前で泣いて口論することが初だった。
そういうことをしている自分が恥ずかしくて悲しかった。

今回のことで、やっぱり私の悩みはマー君なんだって思った。
ヒロの障害は受け入れているし、ヒロはわかりやすい障害だから、すぐに気を使ってもらえるから、他人が踏み入れてこない。
マー君の子育てについて、グレーの子については、見た目ではわからないせいで、他人から意見を言われてしまう。
わからないから仕方がないとは思うけど、何も知らない人から注意じみたことを言われたのがムカついた。
こうなるのが嫌だから、他人とは子育ての話をするのを避けていた。
健常児を育てている人と話をすると、ずれが生じるのはわかっていたから、子育ての話には加わらないようにしていたのに、向こうから絡んできて、説教じみたことを言われたのが、ムカついた。

子育てについては、どの家庭にも色々な考えがあるから、決めつけて意見を言わないようにしている。

子育てだけじゃない。
経験したことのないことを、偉そうに上から意見言うのは、危険だと思う。

Kはまだそういうことを学んでいないんだろう。


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://55165516.blog22.fc2.com/tb.php/439-46b678ba
トラックバック
コメント
この件はね〜、自分の中で汚点になりそう(TOT)
人前で、泣いて喧嘩するって、ありえない。
今まではそういう人を引いた目で見てたから。
20代は飲み会大好きで、色々な人と飲んだけど、こんなことしたことないのに。

自分のことなら、気にせずに聞き流せたけど、マー君のことだとね(T_T)
相手がしつこくて、振り払っても絡んできてさ。
私もお酒も結構飲んでたから、魂を抜けなくて(汗)こんなことに。
今後の町内のイベントも参加したくなくなってて、どうしようか迷い中だよ。
今は喧嘩して間もないから、顔を合わせたくないけど、今後のこと考えるとね。
今も周りの人たちに気を使わせてて、その状況もつらいんだよね。
何事もなかったようにするか。
もうできるだけ参加しないか。
さんこんさんならどうする?

ヒロのことは皆踏み込んでこないのにね。

さんこんさんも経験済みなのね。
理想論は語っちゃだめだよね。
経験していない人と話し合っても分かり合えるわけないもんね。
434. OOちゃん | 2017-08-11 11:16 | 編集
これは読んでてムカついた。

そして、○○ちゃんが泣いちゃったってのも、正直驚いたのと、それって自然なことなんだって心から思った。いつも○○ちゃんは強いから・・・って思われがちだけど、こういうのって、入っちゃいけない領域だし、私も泣いちゃうと思う。

うちの周りにもよくいる。自分が一番正しいって思ってるバカな人。子供はみんな違うんだから、その人の理想がすべての子供に当てはまらないし、親の考え方も違うのに、そこからそれたってことで、その人を攻撃する。それにとどまらずに、周りからせめてくる・・・そういう人がダンス教室にいるから、ダンス教室を移籍したのもあるの。でも、近所や学校が一緒だったらいやでも付き合わないといけないから、付き合わないといけない期間だけは問題を起こさないように、うまくやっていかないといけないつらさ。それなのに押し付けられるとホントいやになる。こっちも押し付けないから、押し付けないで!って思う。

私も昔理想論を語って、ひどい目にあったことがあるから、今は絶対に言わない。そうだよねー。って同調して、合わないわー、この人・・・って心の中で思ってる。それができない人が説教するんだよね。ほんと、いやになる。AB型の特技かも。顔で笑って、心でアホかってくさせるの(笑)理想論も子供によって違うし、理想の水準も親によって違うから、話さないのが一番って思った。

その人はきっといくら言っても分かり合えることはないし、言えばいうほど、周りにも悪く言われたりしたらかなわないから、当り障らず、心の中でバカだって思うしかないのかなって私は思う。

その人、その家族しかわからないことを他人がわかるはずないもん・・・
431. さんこん | 2017-08-11 09:35 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
プロフィール

OOちゃん

Author:OOちゃん
2010/11/17ダウン症の息子をもって自分の気持ちの変化を書きたくて、ブログ始めました。

出産直後は普通ではない子を産んでしまったと、かなり落ち込み、障害という未知の世界に不安を感じ、闇の中にいるようでした。
当時は元気になんかなれないと思っていました。

他人と比べない。
周りとうまくやるには、自分は世の中の「普通」ではない少数派なんだと自覚をする。
幸か不幸かは誰にどう思われようと自分の心次第。

上記を考えるようになって段々と心が回復し、3年後には障害のある子がいる生活が私の普通になりました。
心が鍛えられたせいか、ちょっとのことでは動じなくなり、落ち込まなくなりました。

今はとても楽しく生活しています。

カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブロとも一覧
最新コメント
ブロとも申請フォーム
リンク
検索フォーム
FC2カウンター