今後どうするか書いておく。
まずは敵がどんな人達なのか情報収集をした。

仲のいいママ友たちにM・R・Hの情報を集めてもらった。

やっぱり元気すぎて、他の子にも乱暴をしたりしているらしい。
今までの経験上、いじめや変なことをする家は何かと家庭環境に問題がある子だった。
けど、この3人の親は普通な感じだった。

M 遅くにできた子で両親穏やかな人
R 年子三兄弟の一番下。親は看護師で仕事が忙しく放任な感じ
  役員やってたけど一匹狼的なタイプで9人でやってて、8人はまだ付き合いあるけど、Rの親だけ連絡が取りづらくて繋がらなくなったとか
  祖父母と一緒に暮らしていて学童には祖母が迎えに来るとか
  なので門限は厳しくないから、なかなか帰らないらしい
H 本部役員で私の前の人なのでどんな顔かはわかるけど、私的な話はしたことないのでどんな人かはわからない

今まで揉めた人は外国人の子供とかだったので、まともな喧嘩ができないと思って、先生に任せていた。
今回の3人組はある程度話ができる親だと思う。

先生がうまくやってくれて、いじめがなくなってくれれば、それでいい。
親に謝ってもらう気もない。ただ単純にいじめが終わってほしいだけ。
もし、おさまらなければ、親に状況を話して、いじめをやめてもらえるように子供に注意をしてほしいと伝える。
それでもダメなら頼りになるのかわからないけど、教育委員会に相談するしかないのかもしれない。

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://55165516.blog22.fc2.com/tb.php/447-ec08083d
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
プロフィール

OOちゃん

Author:OOちゃん
2010/11/17ダウン症の息子をもって自分の気持ちの変化を書きたくて、ブログ始めました。

出産直後は普通ではない子を産んでしまったと、かなり落ち込み、障害という未知の世界に不安を感じ、闇の中にいるようでした。
当時は元気になんかなれないと思っていました。

他人と比べない。
周りとうまくやるには、自分は世の中の「普通」ではない少数派なんだと自覚をする。
幸か不幸かは誰にどう思われようと自分の心次第。

上記を考えるようになって段々と心が回復し、3年後には障害のある子がいる生活が私の普通になりました。
心が鍛えられたせいか、ちょっとのことでは動じなくなり、落ち込まなくなりました。

今はとても楽しく生活しています。

カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブロとも一覧
最新コメント
ブロとも申請フォーム
リンク
検索フォーム
FC2カウンター