上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年4月から約8年働いている今の職場。
マー君が生まれて1歳8ヶ月くらいの時に働き始めた。
扶養範囲内という条件とパソコン作業ということで選んだ。

働き始めて5日目にマー君がロタウイルス脳症になって1か月入院した。
休みがちだったけど、上司や周りの人たちに恵まれ続けてこれた。

ヒロを妊娠して育休に入った。
ヒロがダウン症でショックだったけど、仕事に復帰して気分転換ができた。
ただ、自己愛がいて、大変な経験をした。

フルタイムで働いてほしいと言われて、ヒロがダウン症だと話していなかったから、それを理由に断った。
廃棄物の仕事と建物の図面の編集の仕事に変わった。
仲のいいおじさんたちと楽しく働くことができた。

新しい部署ができて、立ち上げメンバーとして郵便室で働くことになった。

今まで130万円の扶養範囲だったのが、2016年10月から500人以上の企業は扶養範囲内の基準が変わって、106万円になってしまった。
人数の少ない部署で時間を短くすることができず、ノリ君の会社からの手当てもなくなり、社会保険を自分で払うことになり、かなり収入が減ってしまった。

けど、休みやすいことが第1条件だったし、一緒に働く2人にも恵まれて、仕事をこなす量が多いけど、楽しく働けていた。

この間の人事異動で、転職を考えるようになった。
私の仕事の相棒のお母さんががん治療をしていたけど、今度はお父さんが脳こうそくになってしまって、本人もリウマチなので、かなり休むようになってきた。
私が休みずらくなってしまった。
上司が変わり、やりずらくなった。
こんなことがあって、収入が減っているのに大変になってしまったので、転職を考えるようになった。

マー君やヒロが病院や色々な方に助けてもらっていたので、何か病院や障害者に携わる仕事やボランティアをいつかしたいと思っていた。
人を助ける、何か手伝える仕事をしたいと思っていた。

何気なく求人を検索していたら、自宅から歩いて通える病院のリハビリ助手の求人を見つけた。
扶養範囲内対応もしてくれるとあったので、早速昨日見学をしてきた。
脳神経外科がメインらしく、脳こうそくなどの高齢の人が多いということだった。
5月にオープンしたばかりなのと、拡大中ということで、人が足りていないということだった。
リハビリ助手で働いている人がまだ一人もいないので、私が決まれば一人目らしい。
履歴書を渡して帰ってきた。

今の仕事をずっとおばあさんになるまで続けるつもりで働いてきた。
長年働いて楽に仕事ができている。
仕事もこなすことができているし、人付き合いもうまくいっているのに辞めようとしている自分が不思議です。
まだ少し迷っているけど、たぶん決まれば転職するだろうと思う。

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://55165516.blog22.fc2.com/tb.php/453-2ae055e0
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
プロフィール

OOちゃん

Author:OOちゃん
2010/11/17ダウン症の息子をもって自分の気持ちの変化を書きたくて、ブログ始めました。

出産直後は普通ではない子を産んでしまったと、かなり落ち込み、障害という未知の世界に不安を感じ、闇の中にいるようでした。
当時は元気になんかなれないと思っていました。

他人と比べない。
周りとうまくやるには、自分は世の中の「普通」ではない少数派なんだと自覚をする。
幸か不幸かは誰にどう思われようと自分の心次第。

上記を考えるようになって段々と心が回復し、3年後には障害のある子がいる生活が私の普通になりました。
心が鍛えられたせいか、ちょっとのことでは動じなくなり、落ち込まなくなりました。

今はとても楽しく生活しています。

カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。