今日は親の会に行ってきました。
会ったことがない人が2人来ていました。

1人目は、
長男(4)が発達障害でかなり育てにくい子で、次男(3)がダウン症で、3男(3ヵ月)を連れてきていた人がいました。
長男がかなり育てにくく、旦那さんの両親と同居で色々言われて鬱気味でいつ死んでもおかしくない状態だったと言っていました。
次男はダウン症だけど、長男がとても育児が難しかったため、ダウン症の子は癒しだと言っていました。
次男が生まれて両親と別居して、鬱気味状態も落ち着いたらしいです。
なのでダウン症ということで落ち込まなかったと言っていました。
3男は自然にできたらしいです。
その人は43歳です。
羊水検査はせずに、産科に上の子の話をして浮腫だけ見てもらって、染色体異常の可能性が低いということだけ調べて産んだそうです。
結局長男は幼稚園に入れたら症状が落ち着いたため、今は平和な生活を送っているみたいでした。
のほほんとした明るい人でした。

今の私には「すごいなぁ」としか言えません。
まだヒロ君がどう育つのか分からないし、やっぱり自分が普通の子を産める体じゃない気がして3人目を作る勇気はないです。

もう1人の人は結婚が遅く出産も不妊治療をして、やっとできたと思ったらダウン症だったという人がいました。
もう息子さんは6歳だと言っていましたが、なんとなく見た目が疲れているような老けているようなヤツレテいて不幸そうに見えました。
詳しく話をすると元々後ろ向きな考え方をするらしく、まだ今私が思っているようなことを今でも考えたり思ったりするよって言っていました。着飾る気力もないとか。合併症はないみたいでしたが…

私も後ろ向きな考え方をするけど、6年も育てていて気持ちが前に進んでいないと、見た目に出てしまうのかなって思いました。
今まで会った先輩は皆明るくしていて、何かを乗り越えた感がありました。
たまには落ち込むよとか言っていても、老けてるとか不幸そうって思った人はいませんでした。

人それぞれ回復のペースはあると思う。
まわりの環境にもよると思うし。
けど、ある程度落ち込んで時間が経ったら前に進んでいかないと「不幸顔」になってしまうかも。
子供がある程度大きくなってから、不幸そうと思われたくないです。
子供がダウン症でも幸せそうと言われるように成長していきたいです。
スポンサーサイト

2011-06-10 21:52 | 6カ月 | COM(0) | TB(0) |
トラックバックURL
http://55165516.blog22.fc2.com/tb.php/74-4e8501c8
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
プロフィール

OOちゃん

Author:OOちゃん
2010/11/17ダウン症の息子をもって自分の気持ちの変化を書きたくて、ブログ始めました。

出産直後は普通ではない子を産んでしまったと、かなり落ち込み、障害という未知の世界に不安を感じ、闇の中にいるようでした。
当時は元気になんかなれないと思っていました。

他人と比べない。
周りとうまくやるには、自分は世の中の「普通」ではない少数派なんだと自覚をする。
幸か不幸かは誰にどう思われようと自分の心次第。

上記を考えるようになって段々と心が回復し、3年後には障害のある子がいる生活が私の普通になりました。
心が鍛えられたせいか、ちょっとのことでは動じなくなり、落ち込まなくなりました。

今はとても楽しく生活しています。

カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブロとも一覧
最新コメント
ブロとも申請フォーム
リンク
検索フォーム
FC2カウンター