上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日はノリ君の実家に行ってきました。
高速で1時間くらいなのでドライブ感覚で行けます。
生活用品を買ってもらって昼夜ごはんを食べて帰ってくるのが、いつものパターンです。
ノリ君のお兄ちゃん家族と二世帯で住んでいます。
子供は姉妹。4歳と2歳です。

ヒロ君を産んだ直後に会った時は「普通でいいな」とか「楽しそうで羨ましいな」「なんでうちだけ障害児なの」って思いました。
今日は全くそういう思いは出ませんでした。

強がりではなく障害児でもマー君とヒロ君のほうが可愛いって思えました。
自分の子が1番可愛いと思う気持ちは障害があってもなくても同じだと思いました。
マー君とヒロ君が私の子供なんだって思えました。

かなりの回復ぶりに自分でもビックリしました。
この2人の子を私が育てていくんだと強く思いました。

ノリ君がまだマー君よりヒロ君を受け入れられていなくても、母親である私が先に明るく子育てしていけば少しずつ状況も変わってくるだろうと思います。

自分とノリ君の両親・兄弟が健康で元気なことに感謝です。

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://55165516.blog22.fc2.com/tb.php/78-b06c4d83
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
プロフィール

OOちゃん

Author:OOちゃん
2010/11/17ダウン症の息子をもって自分の気持ちの変化を書きたくて、ブログ始めました。

出産直後は普通ではない子を産んでしまったと、かなり落ち込み、障害という未知の世界に不安を感じ、闇の中にいるようでした。
当時は元気になんかなれないと思っていました。

他人と比べない。
周りとうまくやるには、自分は世の中の「普通」ではない少数派なんだと自覚をする。
幸か不幸かは誰にどう思われようと自分の心次第。

上記を考えるようになって段々と心が回復し、3年後には障害のある子がいる生活が私の普通になりました。
心が鍛えられたせいか、ちょっとのことでは動じなくなり、落ち込まなくなりました。

今はとても楽しく生活しています。

カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。